Home > 企業動向 > 楽天  食品の"認定制度"開始、まずはスイーツから

楽天  食品の"認定制度"開始、まずはスイーツから

 2-1.jpg楽天は10月19日、運営する仮想モール「楽天市場」で販売する食品について、高品質な商品を認定する制度を開始した。第1弾としてスイーツジャンルを対象として運用を開始。「くり屋南陽軒」が販売する「100%本物の栗きんとん」など、7商品を選定した。同モールでは今年に入ってからジャンルごとに特化した戦略を展開しており、認定制度のスタートで食品関連流通額の底上げを狙う。

 認定制度の名称は「楽天グルメセレクション」。食品ジャンル店舗からエントリーのあった商品から、社内で選んだ42商品について、18日に試食審査会を実施。日本スイーツ協会代表理事の辻口博啓氏ら5人の特別審査員による審査のほか、同モール利用者による審査も行った。

 第1回の認定商品は「柏屋オンラインショップ 楽天市場店」の「柏屋薄皮饅頭こし」、「抹茶スイーツ宇治茶 伊藤久右衛門」の「宇治抹茶生チョコレート」、「金沢百番街」の「宝達」、「神戸モリーママ」の「ラスク・マリアージュ」、「サロンドロワイヤル」の「プレミアムピーカンナッツ」、「くり屋南陽軒」の「100%本物の栗きんとん」、「おいもや」の「おいもやの二代目干し芋」。このうち、グランプリには「100%本物の栗きんとん」が、審査員特別賞には「柏屋薄皮饅頭こし」が選ばれた。

 同社では2006年からその年の人気食品を表彰する「楽天グルメ大賞」を、14年からは美食家と一般ユーザーがおいしいスイーツに投票する「スイーツグランプリ」を実施しているが、認定制度として刷新した。同社が「オリジナル商品の購入理由」について、顧客を対象に調査したところ、スイーツジャンルは他ジャンルに比べて、「おすすめ機能」や「ランキング」、「商品レビュー」を重視するユーザーが多いことが分かったという。

 認定商品は年4回選ぶ予定。今後はスイーツだけではなく、食品ジャンル全体に認定制度を拡大する。認定制度の有効期限は2年間となる。今回は特別審査員が添加物の有無や"自然なおいしさ"を重視したこともあり、認定商品は和菓子が目立つ結果となった。

 認定商品のランディングページを作り、ユーザーを誘導する。今後は「うまいもの大会」など同社が開催するイベントで認定商品を前面に出すほか、検索結果の優遇も検討する。高品質な食品に「お墨付き」を与えることで、流通額の底上げにつなげる。同社ECカンパニーディレクター・フード&ドリンク事業部ジェネラルマネージャーの城戸幸一郎執行役員は「『デパチカ』にプレミアムコーナーを新設するイメージだ。楽天が良い意味で発信源となり、日本の食生活を変えていきたい」と意気込んだ。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/3619
Listed below are links to weblogs that reference
楽天  食品の"認定制度"開始、まずはスイーツから from 通販新聞

Home > 企業動向 > 楽天  食品の"認定制度"開始、まずはスイーツから

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ