Home > 企業動向 > ブラケットの光本勇介会長に聞く 「スタートトゥデイ独立の真意とは?」

ブラケットの光本勇介会長に聞く 「スタートトゥデイ独立の真意とは?」

  2-1.jpgスタートトゥデイの子会社で簡単に通販サイトを作成できるサービス「ストアーズ・ドット・ジェーピー」を手がけるブラケットが9月30日付でMBO(経営陣などによる企業買収)を実施し、全株式を買い取って独立した。2013年8月にスタートトゥデイの子会社となってから約3年。これまでに親会社が運営する「ゾゾタウン」と連携したサービスを複数展開していた同社の突然の独立。その真意は何なのか。ブラケット創業者の光本勇介会長(=写真)に聞いた。

──MBOでスタートトゥデイから独立した理由は。
 
 「スタートトゥデイのグループに入って協業による施策も行ったが、結果的には自社でオーガニックに伸ばしていくことのほうがうまくいっていた。傘下に入ってちょうど3年が経ったタイミングで今後を見据えた時に、引き続き独自に伸ばしていったほうがいいだろうと判断した。また、ネガティブな意味ではなく上場企業にはそれなりの責任があり、決定までに相応のプロセスを踏む必要がある。しかし、当社が様々な展開をしていく上で、上場企業のグループにいるよりも単独で動くほうが、よりエッジが立ったことをスピード感を持って実行できるのではないかと考えた。その時にMBOという選択肢が出た。スタートトゥデイ側からも共感していただき、気持ちよく見送っていただいた
 「会社としては利益が出ており、このタイミングでMBOすることで外部の資本に頼らずに運営することができる。『ストアーズ』もお陰様でそれなりの規模になっている。現在の規模まで拡大したタイミングで、完全に内部資本の会社になるというのも珍しいのではないか。外部の株主に気兼ねすることなくいろいろなチャレンジができる
 
──ゾゾとの協業では「ゾゾマーケット」と「ゾゾフリマ」があるが、「ゾゾマーケット」は9月末でクローズした。途中からあまり話題にのぼらなくなっていたが、苦戦していたのか。

 「思っていたよりは"普通"で、こちらの期待を上回るということはなかった
 
──もう一方の「ゾゾフリマ」は4月1日付で親会社に事業を移管している。
 
 「その理由も明確で、フリマというCtoCの領域でもっと拡大していくには、いろいろな投資が必要になる。大々的なプロモーションを打つ場合に、事業が当社に紐づいていると借り入れる必要があり、あまり健全とは言えない。であるならば、大きな投資については体力があるゾゾ本体が行うほうがやりやすいということで事業譲渡した。今後はさらに独特なCtoCの形に進化するのではないか
 
──10月1日付で代表取締役兼CEOのポジションを、取締役の塚原文奈氏に引き継ぎ、自身は代表権のない取締役会長に就いた。役割分担としては「ストアーズ」事業は塚原氏が担当するのか。

 「そうだ。ただ、それも今までとは大きく変わらない。彼女は経営面も含め以前から一緒にやってきた。『ストアーズ』はすでに事業の骨格ができている。ゼロから1を作るのではなく、1のものをどれだけ100まで伸ばすかという勝負になるが、彼女はそこが非常に得意。一方、会社としてはベンチャーである以上、いろいろなチャレンジを行ってビジネスの柱を作る必要がある。私はそちらにフォーカスして、新しい仕掛けをしていく
 
──現在、検討中の新たなサービスは。
 
 「興味を持っている領域はあるが、特にまだ絞っていない。チャレンジをするからには新しい市場や、もっと大きな規模のビジネスを作らないと意味がない。こう思うようになったのは、ゾゾで3年間過ごさせてもらってあれだけの規模の事業や組織、利益を生むビジネスを真横で見させていただき、自分の目線がより上がったのが大きい。あれだけの規模のビジネスを自分の手でも作ってみたいという気持ちが強まった
 
──独立の際にスタートトゥデイの前澤友作社長から、はなむけの言葉は。
 
 「いい意味で期待を裏切ってほしいと言っていただいた。過去の事例などを見ると、円満にMBOしているケースは意外に少ない。そういう意味で、こんなに応援していただきながら送り出してもらえたというのは、レアなのではないか。私たちも期待以上に成長して、また何かしらの形でビジネスという面で、スタートトゥデイに貢献できるような機会がつくれたらいいと思う

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/3608
Listed below are links to weblogs that reference
ブラケットの光本勇介会長に聞く 「スタートトゥデイ独立の真意とは?」 from 通販新聞

Home > 企業動向 > ブラケットの光本勇介会長に聞く 「スタートトゥデイ独立の真意とは?」

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ