Home > 企業動向 > オットージャパン 「ファビア」の店舗展開強化、コレクションライン投入

オットージャパン 「ファビア」の店舗展開強化、コレクションライン投入

041.jpg041.jpg オットージャパンは、今秋冬シーズンにファッションブランド「ファビア」の実店舗展開を強化する。これまでもシーズンの立ち上がり時期などに期間限定ショップを開設してブランド認知や新客開拓を進めてきたが、商業施設から販売実績などが評価され、今秋冬は初めて3つのポップアップストアを展開する。

 10月6~19日は渋谷駅・東急東横店西館1階SHIBUYAスクランブルⅠポップアップステージAに、11月3~12月7日までは渋谷ヒカリエShinQs4階に、11月9日~1月29日にはマルイ新宿本館3階にそれぞれ「ファビア」の店舗を開設する。

 今秋冬の第1弾となる渋谷駅・東急東横店での商品展開数は約230アイテムで、商品構成はアパレルが約6割、服飾雑貨が4割程度だ。通行量が非常に多い駅前の立地を考慮し、手に取りやすいバッグや靴、アクセサリーといった服飾雑貨を通常の商品構成比より多めにした。

 アパレルについては、「ファビア」が強いワンピースを前面に出しており、トレンドのパフスリーブニットにスカートをドッキングさせたプルオーバータイプのワンピースなどをマネキンに着させて提案する。

 今回、店舗展開の強化に合わせて、日常に贅沢感や充実感を与えるコレクションライン"ファビュラス・コレクション"を投入する。裏地の配色やフォルムに特徴のあるコートやワンピースなどに加え、日本製のレースをあしらったスカートやウール100%のニットのほか、ファスナーやボタンなど細部のディテールにこだわった服を働く女性が手に取りやすい価格で提供。スタート時は8型だが、シーズンを通して15~20型を計画している。

 また、店頭では通販チャネルよりも10日間ほど早く販売するアパレルのコーナーや、今秋冬から「ファビア」の"ダブルミューズ"を務めるモデルで女優の松島花さんと佐々木希さんによるセレクトカラー商品のコーナーも設けた。

 店頭ではダブルミューズが登場する大型看板やサイネージボード、秋冬のシーズンムービーも配信する(画像)。さらに、「ファビア」の世界観をイメージしたアロマもたいている。

 渋谷駅・東急東横店では、10月15日午後3~5時に「ファビア」の着用モデルを務める安座間美優さんが来店するイベントを予定する。なお、同社では、来春をメドに「ファビア」で常設店を開設することも視野にあるようだ。



Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/3607
Listed below are links to weblogs that reference
オットージャパン 「ファビア」の店舗展開強化、コレクションライン投入 from 通販新聞

Home > 企業動向 > オットージャパン 「ファビア」の店舗展開強化、コレクションライン投入

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ