Home > 媒体研究(ネット・モバイル) > 有力企業のネット販売戦略 サンリオ サイト刷新で優待強化

有力企業のネット販売戦略 サンリオ サイト刷新で優待強化

051.jpg キャラクターグッズなどを企画・販売しているサンリオは、6月1日に約5年ぶりとなる自社通販サイトの刷新を行い、優良顧客向けの特典サービスなどをテコ入れ。仮想モールでの販売も順調に伸びるなどネットでの販路開拓が進んでいる。

 サイト刷新でまず取り組んだのが、月ごとの購入金額に応じて「りんご3個」「りんご2個」といった形でランク判定して、優良会員に対して特典を付与する仕組みを導入したこと。特典内容としては福袋の先行販売やシークレットセールへの招待などを企画している。また、サイトレイアウトに関しても、好きなキャラクターをマイページで設定することができ、背景の変更やキービュジュアルの取得などができる機能を導入。キャラクターが顧客ごとに個別接客するようなイメージで取り入れた。

 刷新に当たっては数カ月前よりメルマガやコーポレートサイトで告知し、500ポイントの特典を付与。刷新直後から順調な出足になっているようだ。

 なお、昨年度は人気キャラクターの生誕周年イベントが重なったこともあり、関連商品の販売が大きく伸長した。今年度上半期に関してはネットでの先行受注企画などを実施しており、「マイメロディ」のファッションアイテムについてサイト刷新のタイミングに合わせて特別ページで訴求。カーディガンやワンピース、靴といった比較的高単価なアパレル商品を「ロリータファッション」の切り口でひとつのコーディネートとして提案し、20代の女性を中心に売り上げを伸ばしている。

 今後はポイントを実店舗と連動させることや、配送面での期間短縮といった利便性向上に取り組むほか、ギフト商品としての演出をより強化していく考え。「EC限定オリジナルラッピングも作ったがまだ足りない。包装など人の手が入る部分とシステムをうまく連動させながら、贈り手の気持ちが相手に伝わるような仕組みを実現したい」(同社)とした。

検索ワードと連動した集客

 同社では自社通販サイトのほか、「楽天市場」や「ヤフーショッピング」などにも出店しており、昨年度は仮想モール店舗全体での売り上げが前年比15~20%増と大きく伸長。利益に関しても増収効果などで倍増している。

 楽天市場においては、同社をはじめ正規のライセンスコラボ商品などを集めてサンリオキャラクターの世界観を表現した専門売り場「サンリオzone」での販売が好調に推移。

 また、ヤフーショッピングにおいては2014年から始まった、検索キーワードと連動したスマートフォン上でのキャラクター画面への着せ替え機能がネット販売への送客に寄与した。「ヤフー検索」でサンリオの主要キャラクターに関するキーワードを入力すると、そのキャラクターをモチーフにした画面デザインに着せ替えられることができるという仕組み。

 検索結果の最下段には同社のヤフーショッピング店舗への入り口が表示されるため、確度の高い見込み顧客を販売ページに送客する手段として機能したようだ。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/3603
Listed below are links to weblogs that reference
有力企業のネット販売戦略 サンリオ サイト刷新で優待強化 from 通販新聞

Home > 媒体研究(ネット・モバイル) > 有力企業のネット販売戦略 サンリオ サイト刷新で優待強化

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ