Home > 企業動向 > ポーラ・オルビスHD 山田養蜂場に子会社売却、資源集中で収益強化へ

ポーラ・オルビスHD 山田養蜂場に子会社売却、資源集中で収益強化へ

 ポーラ・オルビスホールディングスが流通向け卸を主軸に展開する子会社2社を売却する。強みとするダイレクトマーケティングに経営資源を集中させ、収益基盤の強化を図る。譲渡先は、山田養蜂場ファーマフーズ。両社は2社が持つ流通基盤を活かし、事業強化を図る。

 10月3日の取締役会で全株式譲渡を決めた。ドラッグストアなど流通向け卸を展開するpdcは山田養蜂場に、テレビ通販向け卸などを行うフューチャーラボはファーマフーズに売却する。譲渡額はそれぞれ12億円(売却手続き等で生じた費用を差し引いた譲渡価格は22億円)。年内の譲渡を予定している。

 ポーラ・オルビスHDでは、現中計(14~16年)で収益基盤の強化に取り組む。強みのダイレクトマーケティングや中、高価格商品に経営資源を集中させ、投資効率の向上を図る。連結業績に与える影響は精査中としている。

 一方、山田養蜂場では、pdcが持つ流通基盤を主に化粧品事業で活かす。これまで素材探索など自社の研究基盤を活かした商品開発力を強みに通販してきた。化粧品卸は行っておらず、ギフト向けなど一部で卸を行ってきた健康食品でも販路の活用を検討する。pdcはドラッグストアやスーパー、バラエティショップに販路を持ち、主力商品では1万5000店舗ほどへの流通実績もあるとみられる。

 機能性素材の製造販売を主軸に展開するファーマフーズは、自社通販の強化にフューチャーラボの持つ知見や販路を活かす。テレビや紙、ウェブなどで通販を展開。16年7月期の通販売上高は、前年比約3倍となる約20億円と急成長している。健食が約8割を占めており、フューチャーラボの買収で化粧品を第2の柱に育てる。今後、強みとする素材開発力を活かして商品開発を行うほか、クロスセルや自社コールセンターにおけるアウトバウンドなど販売面でシナジー創出を図る。

 pdcはマス向けのスキンケアを展開。売上高(15年12月期)は前年比1・5%増の約27億円。営業利益は800万円(前年同期は2億4300万円の損失)、純利益は200万円(同1億8800万円の損失)だった。

 フューチャーラボの売上高(同)は同16・1%減の約13億円。営業損失は2億3400万円(同4700万円の利益)、純損失は1億4400万円(同3800万円の利益)だった。

 譲渡先の2社ではpdc所属の約60人、フューチャーラボ所属の約40人の従業員の雇用は継続する見通し。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/3590
Listed below are links to weblogs that reference
ポーラ・オルビスHD 山田養蜂場に子会社売却、資源集中で収益強化へ from 通販新聞

Home > 企業動向 > ポーラ・オルビスHD 山田養蜂場に子会社売却、資源集中で収益強化へ

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ