Home > 商品政策 > フジ医療器 新型マッサージチェアで〝ロースタイル〟を提案

フジ医療器 新型マッサージチェアで〝ロースタイル〟を提案

081.jpg 健康機器メーカーのフジ医療器は、通販ルートをメインに展開するマッサージチェアを発売する。開放感のある空間が支持を受けるなど変化する住環境に合せ、インテリアに馴染む"ロースタイル"を取り入れた。強みとするマッサージ機能にこだわりつつ、生活に取り入れやすい商品で市場に攻勢をかける。

 新しいスタイルのマッサージチェアであるため、十分な商品説明ができる通販向けの卸をメインに展開する。

 10月1日から発売する新商品は「ロースタイルマッサージチェア LSC―1」(税抜14万8000円)。低い背もたれと座面が広々とした空間を演出する。リビングやテレビなど部屋のインテリアとの相性を考えロースタイルにするなどインテリア性を高めた。

 一般的なマッサージチェアに比べて高さは30センチほど低く、空間体積も60%ほどにとどまるなど半分近く圧縮。多くのマッサージチェアは、足のマッサージを行う機械を搭載するため座面まで50センチほどの高さがあるが、新商品は約35センチで足元のマッサージ機能はなくした。

 マッサージは1日2回、30分ほど使うのが一般的だが、新商品はそれ以外の時間も椅子として使ってもらえるようこだわった。立ったり座ったりしやすいよう、座面も左右に45度転回する設計。枕と腰部分に着脱可能なパッドも配置、マッサージ強度やソファーとしての座り心地を調整できる。

 「ブラック」と「ベージュ×ブラウン」の2色を展開。重量は約30キログラム。サイズは幅が63センチ、奥行が103センチ、高さが92センチ。

 一方で、マッサージ機能も専門メーカーの強みを活かす。「首・肩」と「背・腰」部分に二つのメカを搭載。「首・肩」部分の2つのもみ玉は体型に合わせて上下7センチの調整ができる。「背・腰」部分は4つの回転式のもみ玉を配置。腰全体や上部、下部など広範囲のマッサージをカバーする。ヒーターも搭載して冬場は温めながら使うことができる。

 骨盤周りにも4つの大型エアーバッグを搭載。包み込むような動きでマッサージを行う。自動のマッサージコースも2種類ある。

 ここ数年、生活空間の快適さを求め、背丈の低い家具を配置し圧迫感をなくす"ロースタイル"が浸透しつつある。マッサージ器の市場は手軽にマッサージできる「シートマッサージャー」の人気が高い。新商品では双方のよさを組み合わせることに努めた。

 フジ医療器は、2014年、アサヒホールディングスの傘下に入っている。子会社化を機に第三の柱として「ライフアンドヘルス事業」の強化を挙げており、6月にはグループで貴金属リサイクルなどを行うアサヒプリテック出身の中西氏が社長に就任した。

 中西社長は「新商品は(フジ医療器の)新たな歴史を築き上げる商品。新たなライフスタイルの提案をコンセプトにした商品づくりで購買層を開拓したい」と発表会で語った。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/3571
Listed below are links to weblogs that reference
フジ医療器 新型マッサージチェアで〝ロースタイル〟を提案 from 通販新聞

Home > 商品政策 > フジ医療器 新型マッサージチェアで〝ロースタイル〟を提案

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ