Home > 媒体研究(紙・電波) > キャラアニ、イベントと受注で連動

キャラアニ、イベントと受注で連動

4-1.jpg
KADOKAWAグループでアニメ関連グッズやCD・DVDの通販などを手がけるキャラアニでは通販サイト(画像)への顧客の訪問機会を高める取り組みとして、イベント物販を通じた送客や在庫品の定時セール企画などに取り組んでいる。

 同社では以前よりアニメ関連イベントに出店してグッズ類の直販を実施していた。リアルとの連動で特に重視しているのがイベント前の先行受注と、イベント後に買い逃した顧客からの受注の受け皿を通販サイトで作るということ。

 最近はイベントに付随した情報メディアが多数立ち上がることから、そういった外部サイトや主催者のSNSで出店内容の情報出しをイベントに先駆けて必ず行っている。また、急きょコンテンツのライセンスが取得できて商品化できる場合もあるため、開催直前までネットで小まめに情報を更新することで顧客の関心を集めていくという。「(通販への)導線づくりとして公式サイト・SNSに必ず連絡して情報を流してもらうことで新規を獲得する。リピーターはメルマガ、ツイッターでアプローチするのがベスト」(同社)とする。

 また、売り切った商品についてもニーズを見極めてイベント終了後でも再生産できる体制をつくり、来場できなかった顧客からの注文を逃さないようにしているようだ。
毎日の割引企画で訪問頻度向上

 そのほかにもサイトへの訪問頻度を上げる取り組みとしては、発売から半年以上が経過した在庫品の割引販売企画があり、これまで週1、2回のペースで週末に行っていたものを毎日実施するように変更。今年5月のゴールデンウィークの期間に実施して好評だったことからレギュラー企画として取り入れた。

 現在は夜9時から通販サイト内で一部商品を最大80%割引程度で販売し、リピーターやまとめ買いなどの需要を獲得している。同企画の開始以降、一定数の顧客が決まった時間に毎日サイトに訪れるようになり、通販サイトのユニークユーザー数・コンバージョン率が大きく伸びた。

 なお、同社の2016年3月期の通販事業売上高は前年比17・0%増の88億7800万円。主力のアイドル関連グッズの伸びに加え、女性向けアニメグッズや前述のイベント関連商品やセール企画などが好調だったことで増収となっている。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/3557
Listed below are links to weblogs that reference
キャラアニ、イベントと受注で連動 from 通販新聞

Home > 媒体研究(紙・電波) > キャラアニ、イベントと受注で連動

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ