Home > 媒体研究(紙・電波) > ドゥクラッセ 婦人服の大丸梅田店が好調、今期婦人服店舗で40億へ

ドゥクラッセ 婦人服の大丸梅田店が好調、今期婦人服店舗で40億へ

041.jpg DoCLASSE(ドゥクラッセ)は、関西の旗艦店「ドゥクラッセ大丸梅田店」の前期(2016年7月期)1年間の購買客数が前年比70%増の5万人となるなど好調だ。商品開発や生産体制の強化のほか、自社スタッフへの教育徹底の成果もあって既存客、新規客ともに利用が増え、単月では今年2月から4カ月連続で購買客数が前年同月比2倍となり、土日には2分にひとりの来店客がレジで会計をする店へと成長。大丸梅田店の婦人服ではトップクラスの売り上げとみられる。

 同店は、百貨店の1階という立地条件の良さからフリー来店客が多いのが特徴だ。大型サイネージによる駅構内に向けたプロモーションを実施(画像)しているほか、開放感のある高い天井を生かしたタペストリーとマネキンによるシーズン感や、毎月発行するカタログと連動した世界観を演出するなどして既存顧客の来店頻度向上にもつなげている。

 旗艦店を中心とした既存店の売り上げ増や新規出店もあり、前期の「ドゥクラッセ」の店舗売上高は前年比20%弱の成長となる約28億5000万円で着地。今期は同40%増の40億円を掲げ、首都圏を中心に駅ビルやファッションビル、地下街といった店前通行量の多い商業施設に出店し、現在の25店舗から36店舗体制を整えたい考え。

 なお、「ドゥクラッセ大丸梅田店」の隣りには同社グループが手がける婦人靴ブランド「フィットフィット」の店舗を展開しており、服だけでなく、足もとのオシャレも楽しめるようにして両店の相乗効果を高めている。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/3575
Listed below are links to weblogs that reference
ドゥクラッセ 婦人服の大丸梅田店が好調、今期婦人服店舗で40億へ from 通販新聞

Home > 媒体研究(紙・電波) > ドゥクラッセ 婦人服の大丸梅田店が好調、今期婦人服店舗で40億へ

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ