Home > 企業動向 > ヨドバシカメラ 東京23区で注文から2時間半の短時間配送、24時間再配達も

ヨドバシカメラ 東京23区で注文から2時間半の短時間配送、24時間再配達も

031.jpg ヨドバシカメラは9月15日、通販サイト「ヨドバシ・ドット・コム」において、短時間配送サービスを開始した。対象となるのは東京23区と三鷹市・調布市・狛江市の一部地域で、今後拡大する予定。アマゾンジャパンでも有料会員向けに、受注から最短1時間で届けるサービスを都内の一部で展開しているが、ヨドバシのサービスは追加料金不要となっている。ヨドバシでは新たに食料品の取り扱いも開始しており、サービス拡充でアマゾンを追撃する。

 サービスの名称は「ヨドバシエクストリーム」。昨年2月より都内一部地域を対象に、試験的に実施していた、注文から約6時間で配送する「ヨドバシエクスプレスメール便」の対象地域を広げ、内容を拡充したものとなる。

 通販サイトで扱う商品を、価格によらず1商品から配送料金無料で、最短2時間30分以内に届ける。対象商品は、通販サイトの取扱商品約456万品目のうち、売れ筋となる約43万品目。サービス開始にあたり、東京23区内全域、13カ所に配送拠点を開設した。約300台の配送車両で配達する。

 また、取扱商材も拡充。同日から食料品の取り扱いも開始した。調味料や食用油、インスタント食品、ドレッシング、麺類、菓子など食料品の販売を始めたほか、米や飲料、日用品の品揃えも増やしている。

 自社配送による注文・出荷から配送まで一貫したサービスと、IoTの活用により、効率的な配送・再配達を行う。配達開始時に、1分単位での配送予定時刻を自動的にメールで知らせるほか、小型の商品は受け取りのサイン不要で、郵便受けに投函。配送完了時に自動メールでユーザーに通知する。不在で配送届けできなかった場合も自動メールで知らせるほか、ユーザーが外出先から再配達の指示をすれば、地域専任の担当者が帰宅の時間など、予定に合わせて届ける。

 また、再配達時のユーザーからの要望にきめ細かく応えるために、24時間受け付けの再配達受付用の自社コールセンターを開設し、中野区と杉並区限定で24時間再配達の試験運用を行う。今後はユーザーの反応を見ながら、対応地域を拡大する予定だ。

 ヨドバシカメラの2016年3月期ネット販売売上高は、前期比25・6%増の992億円。ライバルとなるアマゾンジャパンでは今年4月、全商品配送料無料サービスを廃止(書籍除く)している。ヨドバシでは、配送サービスの大幅拡充でアマゾンを追う。

藤沢副社長「24時間再配達地域拡大はニーズに応じて」

 短時間配送サービス「ヨドバシエクストリーム」について、藤沢和則副社長に聞いた。

 ――サービスの対象地域は東京都以外にも拡大するのか。

 「具体的にどこからとは決まっていないが、順次拡大する」

 ――IoTの活用について具体的に教えてほしい。

 「専用端末が配送車両や配送拠点にあり、どこに荷物があるかをすべてリアルタイムで管理しており、再配達や配車などを効率的に行う」

 ――24時間再配達の対象地域拡大については。

 「どの程度のニーズがあるかを把握しているところなので、ユーザーの要望に応じて追加していきたい」

 ――コールセンターも24時間対応だ。

 「再配達対応だけでなく、他の顧客サービスも含めて行う。以前から24時間対応は行っており、機能を追加した」

 ――無料の短時間配送サービスで採算をとるのは難しいのでは。

 「一般論としてはそうなるのだろうが、詳しいことはコメントを控えたい。カバーできると思っている」

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/3576
Listed below are links to weblogs that reference
ヨドバシカメラ 東京23区で注文から2時間半の短時間配送、24時間再配達も from 通販新聞

Home > 企業動向 > ヨドバシカメラ 東京23区で注文から2時間半の短時間配送、24時間再配達も

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ