Home > フルフィルメント > パルシステム  野菜加工の工場建設、産直原料で品質向上へ

パルシステム  野菜加工の工場建設、産直原料で品質向上へ

 パルシステム生活協同組合連合会は今秋、カット野菜の製造工場の建設に着手する。レシピ付きの食材セットの製造を外部委託から自社製造に切り替える。加工食品において、栽培履歴が明確な産直野菜の使用率を高め、品質向上につなげる考え。2023年をメドに、毎週10品目、4万点の製造を目指す。

 建設するのは「板倉食品加工品センター」で、群馬県邑楽郡に設立する。稼働予定は2017年10月。鉄筋造2階建てで、敷地面積は1万1550・02平方メートル、食品工場棟の延べ床面積は2590・6平方メートルとなる。

 製造する商品はレシピ付き食材セット「パルシステムお料理セット」で、カット野菜と肉、魚、調味液をセットにしたもの。産直野菜の使用頻度を高めて商品力の向上と、他社との差別化を図っていく。 

 加えて、稼働が安定化して以降、サラダ用のカット野菜や惣菜類の商品開発を行う環境を整備する。あわせて、高齢者や少人数家庭に向けた商品開発などを視野に入れ、産直野菜の使用頻度を高めていく。

 「パルシステムお料理セット」はこれまで外部工場に製造を委託して、毎週14品目について5万点を供給していた。今期4~7月度の受注実績は前年同期比21・6%増と好調に推移していた。新工場稼働後の取り扱いは現状と同等の毎週14品目となる見込み。製造コストなどの効率化を進めるものの、値下げは想定していないという。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/3538
Listed below are links to weblogs that reference
パルシステム  野菜加工の工場建設、産直原料で品質向上へ from 通販新聞

Home > フルフィルメント > パルシステム  野菜加工の工場建設、産直原料で品質向上へ

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ