Home > フルフィルメント > ANAHD 通関対応と高速輸送軸に越境EC支援を開始へ

ANAHD 通関対応と高速輸送軸に越境EC支援を開始へ

 ANAホールディングスは、越境EC物流事業者のロケーションホールディングス傘下のACD(同、佐藤貴夫社長)に出資し、中国向けの越境EC物流サービスの提供を今年9月から開始する。

 同サービスは今年4月から中国の税関当局によって個人輸入に関わる新たな通関申告制度(輸入電商用通関申告システム)が導入されたことに伴うもの。新制度でEDI(電子データ交換)による通関業務を認められる企業が複数社指定されることとなり、ANAグループの物流会社であるOCSの中国現地法人「欧西愛司物流有限公司(OCS中国)」がその指定企業となったことで、同社と連携する形で展開していく。

 具体的には、OCS中国と共に新たに開発する事前通関用商品登録システム「EKKYO.NET」と、ANAグループが展開する高速一貫輸送を組み合わせた総合越境ECソリュ―ションになる予定。

 同社によるとこれまで中国向けEC貨物の輸送・通関においては、現地制度への対応不足などにより消費者への遅配・未達といった事例があった。そのため、新サービスではEC貨物の新通関申告制度への対応、高速一貫輸送という2つの強みで訴求していく。今後はACDの既存顧客や国内大手家電量販店などの需要を取り込んでいくほか、ACDによる越境ECモールの運営なども検討する。


Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/3514
Listed below are links to weblogs that reference
ANAHD 通関対応と高速輸送軸に越境EC支援を開始へ from 通販新聞

Home > フルフィルメント > ANAHD 通関対応と高速輸送軸に越境EC支援を開始へ

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ