Home > 媒体研究(ネット・モバイル) > ジーフット、オムニ化施策で成果も、スマホアプリで顧客情報統合へ

ジーフット、オムニ化施策で成果も、スマホアプリで顧客情報統合へ

5-1.jpg
イオングループで靴専門店チェーンを展開するジーフットは、オムニチャネル施策をベースにEC強化を加速する。

 同社は、靴専門店の「アスビー」やイオンの靴売り場である「グリーンボックス」などを中心に約900店舗を展開。全国の店舗網とECを有機的に結び付けることで顧客の満足度向上につなげている。

 具体的には、通販サイトでは店舗の在庫状況を確認できたり、商品を最寄りの店に取り寄せて購入前に試し履きできるようにしているほか、実店舗では、ほぼ全店にiPadを導入。店舗の販売スタッフが端末を使って来店客が欲しい靴の在庫を確認したり、欠品時には商品をEC経由で店頭に取り寄せる客注システムを2014年からスタートしている。

 同システムの導入後も店舗ごとの利用状況に差があったが、昨年3月にデジタルシフト推進部を開設。啓蒙活動を行ったほか、経営トップからも客注システムを活用したオムニチャネル対応を店舗単位にまで発信したことで、店頭の意識も変化してきているという。

 実際、前期(16年2月期)のタブレット経由の注文は前年比6倍以上となる約2万件に拡大。今期も第1四半期(3~5月)で約1万件となるなど同システムの利用が進んでいる。

 同社の場合、客注サービスも店頭取り寄せも決済は店頭で行うため、売り上げは店舗に計上されるが、社内的にはEC側も店舗から手数料を得る仕組みとしている。

 今年6月には、店頭に設置した大型のデジタルサイネージを通じて店やECの在庫状況が分かる「ぴたトリ」サービスを大型店5店舗でスタート。来店客が自ら操作して気軽に商品を探せるようにしており、今後は約100店舗への導入を計画している。

 また、リアル店舗とECの連携強化に向けては、年内にもスマホアプリをリリースする予定だ。スタート時はクーポンなどをインセンティブにしながら店頭でダウンロードを促すキャンペーンを展開。アプリを通じて店頭とECの顧客情報を統合することも目的のひとつで、当初はEC機能のほか、お気に入り登録した店舗からの情報発信やクーポン配信機能などを実装するほか、イオンのお得・キャンペーンに合わせた割引特典なども検討。早期に100万~200万件のダウンロードを目指すという。

EC強化に本腰

 ジーフットの16年2月期における、店頭からの手数料を含まない純粋なEC売上高は前年比数%増の12億円弱で、全社売り上げに占めるEC化率は1・1%にとどまっているが、これを5~10%(50~100億円規模)に高めるのが当面の目標で、EC強化に向けて本腰を入れる。

 一環として、10月末を目指して自社通販サイトの大幅刷新を計画する。現在、「アスビー」と「グリーンボックス」「フェミニンカフェ」の主要3業態でECと情報サイトを別々に運営しているが、刷新時に統合するほか、通販サイトの入り口として「グリーンボックス」と「フェミニンカフェ」は残すものの、認知度が高い「アスビー」の仕組みに集約することにしている。

 また、これまでは十分ではなかったEC用在庫についても商品部と連携しながら専用在庫をしっかりと確保していく方針で、同時に客注システムの充実にもつなげる。

 一方、7月からはウェブの運用や販促などをアウトソーシングするという。EC運営の各業務を内製化する会社もあるが、同社では市場の変化のスピードに対応するためにも専門企業の支援が不可欠とし、スマホアプリを含めてシステム面のインフラは外部を活用。自社は品ぞろえや実店舗と連携したオムニチャネル施策などに注力する。

 また、今後の課題としては、物流倉庫の保管能力に限界が近づいていることから、EC強化に向けた品ぞろえや奥行きの充実、配送サービスの向上などと並行して、物流インフラについても次の一手を打つことになりそうだ。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/3500
Listed below are links to weblogs that reference
ジーフット、オムニ化施策で成果も、スマホアプリで顧客情報統合へ from 通販新聞

Home > 媒体研究(ネット・モバイル) > ジーフット、オムニ化施策で成果も、スマホアプリで顧客情報統合へ

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ