Home > 商品政策 > オークローンマーケティング キッチン用品の卸販売強化、直販商品の卸解禁も

オークローンマーケティング キッチン用品の卸販売強化、直販商品の卸解禁も

081.jpg オークローンマーケティング(OLM)がキッチン用品の卸販売に注力して拡販を強化している。売れ筋のフライパン「セラフィット」で廉価版と高級版の新ラインを投入し、新規の卸販売先を増やして購入層拡大を図るほか、これまで直販展開のみだった真空パックマシンやノンオイルフライヤーを卸販売対象商品とし、拡販を本格化する。加えて、キッチン用品全般についてパッケージや店頭POPを一新するなどのリブランディングを行い、顧客および卸先店舗への訴求を強める。今期末をメドに同社商品を取り扱う配荷店舗数を前期比で2倍まで拡大したい考えだ。

 OLMは展開するキッチン用品の卸先拡大を狙い、7月6日から3日間、東京・有明の東京ビッグサイトで開催したキッチン用品の展示会「第5回キッチンウェアEXPO」に初出展した。

 同社のブースでは現在までの国内累計販売数が400万枚を突破している売れ筋の"焦げ付かない"フライパン「セラフット」シリーズのさらなる拡販のために今後、投入する計画の廉価版となる「セラフィットライト」と高級版の「セラフットモンブラン」を初めて展示した。

816.jpg 「セラフィットライト」(写真㊧)は主力の「セラフット」購入ための"スターター"としての役割を持たせるため、フランパン表面のセラミックコーティングによる"焦げ付かなさ"などの特徴はそのままながら、本体側面を薄くして、既存の「セラフィット」よりも軽量化して使いやすいように工夫したり、パステルカラーを採用して若い層が手に取りやすいようにしたという。また、詳細は調整中のようだが「マーケティング上の観点から5000円を切るような価格帯にしたいと考えている」(同社・ホームディヴィジョンの大嶋朝子マネージャー)とする。想定卸販売先としてはターゲットとする既存顧客層よりも若い層などに訴求できるスーパーマーケットなどを見込んでいる模様。そのため、ツリー型の吊り下げ棚などの専用什器も用意し、導入店舗が販売しやすいような施策も併せて展開していく予定。

 「セラフィットモンブラン」(写真㊨)はフライパン表面のコーティングをアップグレード。また、フライパン外側をステンレスとした上、フランパンの底も厚くして熱伝導率もより高めた。「"プロ志向"でこだわった料理を作られる男性にも訴求したい」(同)としており、価格帯は2万円超程度を想定し、百貨店や専門店などに向けて卸していきたい考えだ。

 「セラフィットライト」「セラフットモンブラン」とも価格は今回の展示会での来場者である小売店担当者などの反応などを考慮した上で決定する意向。また、販売時期についても来場者の反応などを見つつ「今期中の発売に向けて準備している」(同)とする。

817.jpg 同展示会では「セラフィット」のほか、同社が販売中の真空パックマシン「ピタント」(写真㊦)とノンオイルフライヤー「カラーラ」(写真㊤)も展示。両商品はこれまで自社通販でのみ販売してきたが、今後は卸販売も解禁、拡販を強化していく。両商品とも新機能を追加したり、省サイズ化したりして、自社通販で高い販売実績を上げて来ており、卸販売の開始でさらなる拡販を狙う。

 「セラフィット」シリーズや「ピタント」「カラーラ」のほか、売れ筋のワンプッシュミキサー「マジックブレット」シリーズやフードプロセッサー「ニンジャ」シリーズなど今回の展示会で展示したOLMが展開中のキッチン関連商品について今夏から順次、パッケージをそれぞれの商品の「キービジュアル」をメーンとしたものに一新するリブランディングも行う。当該キービジュアルはパッケージのほか、インフォマーシャルやテレビCM、ウェブサイト、パンフレットなどにも使用する。「当社のオムニチャネル戦略の一環。お客様がどのタッチパネルで商品を知って頂いても同じイメージを持ってもらうため」(同)という。

086.jpg これにより、同社が近年、注力している自社ブランド「ショップジャパン」の認知向上策の効果をより高めて「当社の商品を手に取って頂いたお客様に(リブランディングにより)『ショップジャパンにはこんな商品もあるんだ』とさらに別の商品にも興味を持って頂けるようにしたい」(同)という。このため、各商品が統一感を持って展示できる店頭用POPも新たに設けた。「並べると『ショップジャパン』の商品として統一感もあり、また、店頭も華やかになり、お客様の目も引きやすくなる。このパッケージのまま、提供することもまた、店舗のスペースや客層などによって柔軟に変えることもできる」(同)という。

 OLMでは今後、展開予定の廉価版など新ラインを加えた「セラフィット」シリーズを軸に、キッチン用品の卸販売先の小売店舗数を増やしていきたい考えで「期末までには(現状の)2倍くらいままで広げたい」(同)とする。また、「セラフィット」の導入先店舗へリブランディングを進める「マジックブレット」や「ピタント」「カラーラ」などの他の商品の取り扱いも促していくことで、キッチン用品全体の売上拡大を図っていきたい考えだ。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/3487
Listed below are links to weblogs that reference
オークローンマーケティング キッチン用品の卸販売強化、直販商品の卸解禁も from 通販新聞

Home > 商品政策 > オークローンマーケティング キッチン用品の卸販売強化、直販商品の卸解禁も

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ