Home > 媒体研究(紙・電波) > GMOペパボの「ミンネ」 初の大型展示販売会を開催、人気作家の作品即完売も

GMOペパボの「ミンネ」 初の大型展示販売会を開催、人気作家の作品即完売も

052.jpg GMOペパボは4月28日から3日間、運営するCtoC向け手作り商品の仮想モール「minne(ミンネ)」の大型展示販売会「minneのハンドメイドマーケット」を都内の東京ビッグサイトで開催した。「ミンネ」では知名度向上や新規ユーザーの獲得のために全国の百貨店や商業施設などで期間限定の展示販売会を実施しているが、今回は1000人を超える作家が参加するこれまでの展示販売会では最大となっている。手ごたえも上々のようで、販売開始から早々に完売してしまう作品も多くあったようだ。

 「minneのハンドメイドマーケット」は「ミンネ」初の大規模展示販売会で3日間の開催期間中に述べ1400人以上の「ミンネ」の作家が会場にブースを構え、自らの作品を展示販売した。来場は有料(前売りは1000円、当日は1200円)だが、「ミンネ」の利用者へのメルマガなどによる事前告知のほか、開催直前の4月下旬にはラジオ局のJ‐WAVEで同イベント告知するラジオCMを放送するなどした効果もあってか、客入りも順調だったようで、人気作家のブースなどには多くの人だかりができた。

042.jpg 売れ筋はピアスなどのアクセサリー。また、同社が主催する優れたハンドメイド作品を表彰するコンテスト「ハンドメイド大賞」で昨年、"大賞"を獲得した「trikotri(トリコトリ)」こと黒田翼さんの毛糸を使って動物たちを表現したブローチ「ぽんぽんブローチ」は4月29日のみの販売だったが、販売開始直後から作品を求める行列ができ、10分程度で用意した作品すべてが完売するなど盛況だった。今年の大賞を獲得した「440(ヨシオ)」こと川崎恵生さんのお尻を模したデザインがユニークな革財布も人気で「多くの人が足を止めてじっくり見て頂けて手ごたえを感じた。4万円する作品もこれまで以上に売れた」(川崎さん=写真)という。

 初の大型展示販売会を実施した理由について同社では「通常はアプリ上だけのつながりで利用者が作家に合える機会は少ない。『利用者と作家』『作家と作家』がコミュニケーションを取れる場を作りたかった。小規模な展示販売会は行ってきたが、『ミンネ』の世界観や魅力をより知って頂くためには一定規模の展示会も必要だと思った」(minne事業部エバンジェリスト・阿部雅幸氏)として「今後も大型展示販売会を継続して実施していきたい」(同)という。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/3409
Listed below are links to weblogs that reference
GMOペパボの「ミンネ」 初の大型展示販売会を開催、人気作家の作品即完売も from 通販新聞

Home > 媒体研究(紙・電波) > GMOペパボの「ミンネ」 初の大型展示販売会を開催、人気作家の作品即完売も

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ