Home > 商品政策 > ランクアップ 単品依存から脱却へ、主力クレンジング年40億、構成比50%超

ランクアップ 単品依存から脱却へ、主力クレンジング年40億、構成比50%超

ランクアップは、主力クレンジングの年間売上高が約40億円に達している。前期(2015年9月期)売上高は前年比約26%増の75億円超。単品依存から脱却し、第2、第3の柱となる商品が育ちつつある。今期は同17・6%増となる89億円の売り上げを計画。主力の「ホットクレンジングゲル」も好調推移する。今年1月時点で累計販売本数は550万本。6月にも600万本を突破する見込みだ。

単品商品が成長をけん引する企業の多くにとって課題となるのが"第2の柱"の育成。ランクアップでは主力クレンジングの売上構成比が50%超で推移、他の商品群が育ち、相対的に比率が下がっている。13年9月には洗顔料「モイストウォッシュゲル」を発売。14年9月にはリキッドタイプの仕上がりとBBクリームの手軽さを追求したファンデーション「BBリキッドバー」を発売した。

 商品別では、スキンケア商品(保湿クリームと化粧水)がクレンジングに続く商品群に成長。これに「モイストウォッシュゲル」(前期の商品売上高は約8億円)、「BBリキッドバー」(同4億5000万円)が続く。

 加えて、年間を通じて行う限定商品の企画がこれを下支えする。14年は段階着圧タイツなど計2企画だったが、前期は5回を企画。今期は、バストアップブラや季節定番の人気商品など計8回の企画を行う。商品開発に割けるスタッフに限りがある中、昨年からは商品開発のスピード化を目的に、部署横断で商品開発に意欲のある社員をサポートする「商品開発塾」も発足している。

 新たな販売チャネルの可能性も試行している。昨年には初めて店頭市場の開拓に着手。全国のバラエティショップ向けに「BBリキッドバー」の卸販売を開始。展開店舗は600にまで拡大している。一部店舗では洗顔料を、3月には主力クレンジングの店舗限定商品を販売するなどラインアップも広げている。

 また、1月には限定商品ながら初めてサプリメントの販売も始めた。当初の展開は、限定商品の最小販売数である3000個。これまでの限定商品と異なるアプローチが必要であるため課題もあるものの、販売ノウハウ蓄積を図る。

 前期末の定期顧客数は約19万6000人。このうち、主力クレンジングは約17万3000人を占める(前年は約12万9000人)。クレンジングから洗顔料、化粧水など他商品へのクロスセルは20%前後で推移する。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/3394
Listed below are links to weblogs that reference
ランクアップ 単品依存から脱却へ、主力クレンジング年40億、構成比50%超 from 通販新聞

Home > 商品政策 > ランクアップ 単品依存から脱却へ、主力クレンジング年40億、構成比50%超

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ