Home > 商品政策 > GMOメディア 雑誌「メル」、しまむらとコラボ

GMOメディア 雑誌「メル」、しまむらとコラボ

081.jpg メディア事業を手がけるGMOメディアは、同社運営のファッションコーディネートアプリ「コーデスナップ」と学研プラスの青文字系ファッション誌「mer(メル)」が取り組む夢実現プロジェクトの一環として、10~20代女子の"こんな服が欲しい!"を形にしたコラボ4商品を制作し、3月17日に衣料品チェーン「ファッションセンターしまむら」の全国約1300店舗で販売を始めた。

 コラボ商品「しまめるコーデ」は、「mer」編集部協力の下、同誌読者会員と「コーデスナップ」ユーザーの合計200万人以上が座談会やアンケートに参加。そこで得たアイデアをもとに商品を企画し、しまむら限定ブランドの「オリーブガール」が全面協力することで、着回しのきく4アイテムを商品化した。

 「3way襟シャツ」は、襟がリバーシブルで取り外せ、別パーツのスタンドカラーをつけることもでき、「リバーシブルスカート&チュールスカート」はリバーシブルの生地に取り外しができるチュールスカートがつくなど7通りの着回しができるという。

 「ロングカーディガン」はシルエットがきれいに見えるスリットと、スマホが入る大きめのポケットが特徴で、「2way襟シャツワンピース」襟がリバーシブルで取り外せるほか、シルエットを自由に調節できるベルトをつけた。全商品がMとLの2サイズ展開で、価格は税込1900円。

 コラボ企画の商品化に当たっては、ユーザーが参加できる実店舗と雑誌、デジタルの連動企画を一貫して展開。発売前の3月12日には「コーデスナップ」と「mer」によるプレミアムイベントを開催し、当日の模様は来場したユーザーにSNSで配信してもらった。

082.jpg 発売時には各社が展開する実店舗、誌面、サイトを通じてユーザーにリーチ。「しまむら」では店頭ビジュアルでサイトと連動した販促企画を、雑誌誌面では商品の告知を、「コーデスナップ」は商品の在庫状況をユーザー同士で情報交換できるという。

 発売後は「コーデスナップ」上でユーザーがコラボ商品に関する投稿をアップすると、各社のサイトやSNSが連携して紹介する。

 今回、「しまむら」では従来の販促手法であるチラシを使わず、SNSで認知を図る初めての試みを行い、同企画を皮切りに顧客層を広げる新たなマーケティングを強化するとしている。

 なお、3月12日開催のプレミアムイベントでは、「mer」の正田省二編集長とmerモデルを務める荒井愛花さん、辻千恵さんが登場してファッショントークや、「しまめるコーデ」をお披露目したほか、来場者がチームに分かれて「ピクニック」や「図書館」「女子会」などさまざまな着用シーンをテーマに当該商品を使ったコーディネートコンテストも実施。参加者はコーデ姿で写真を撮って「コーデスナップ」に投稿してもらい、優勝チームにはコラボ商品をプレゼントした。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/3352
Listed below are links to weblogs that reference
GMOメディア 雑誌「メル」、しまむらとコラボ from 通販新聞

Home > 商品政策 > GMOメディア 雑誌「メル」、しまむらとコラボ

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ