Home > フルフィルメント > バース・ジャパン、チラシ類同梱機器が好調

バース・ジャパン、チラシ類同梱機器が好調

7.jpg
メーリング関連機器の販売などを手がけているバース・ジャパンでは、物流現場で活用するフィルムラッピングシステム「Buhrs3000+AT25」(画像)について大手通販企業への導入が進んでいる。

 同機器は、出荷現場のライン上で顧客に配送する商品の明細書などとともに複数種類のチラシやカタログなどを同梱してフィルムラッピングするもの。最大の特長は同梱するチラシやカタログの内容を、顧客のセグメントに合わせて複数種類の媒体から自動で振り分けて入れることができるということ。顧客の性別、年齢、購買履歴、趣味嗜好などを事前にデータ入力することで、何種類の媒体でも出し分けることができるという。「フィーダー(チラシの供給導線)の数を増やすだけなので特に同梱種類の数に制限などはなく、クライアントの顧客セグメントのパターンに合わせてカスタマイズできる」(小林社長)とする。

 同梱できる媒体のサイズはハガキサイズからA4までで、1時間当たりの作業処理能力は約1万セットとなっている。フィーダーに取り付けられたセンサーでエラーを感知できるようになっており、これまで同機器による明細書や媒体の誤混入などは一切報告されていないという。

 機器のサイズに関しては他のメーカーと比較してコンパクトな設計となっているため、現場に設置する際に柔軟に対応でき、作業導線の省スペース化・効率化にも寄与。導入後のフォローについても24時間体制で専任の技術スタッフによる対応を受け付けている。

 近年は通販企業の物流現場で導入が進んでおり、ある大手総合通販企業ではそれまで4台の機器を使って行っていた同梱作業を同機器1台ですべて賄えるようになったという。また、別の大手健康食品通販企業では手作業で行っていた同梱作業を同機器に切り替えたことで、人的コストの削減に加えてセグメント別のチラシ同梱作業の精度を大幅に上げることができたケースもある。

 「毎日の出荷作業に対応できるものなので、出荷量の多い中堅規模以上の通販企業を対象に売り込みたい。顧客ごとにマッチした媒体を同梱して訴求できることをアピールする」(同)とした。
新型の自動梱包機器発売も検討

 なお、今年中をメドに荷物の大きさに応じて自動でラッピングサイズを調整するドイツ製の梱包機器の発売も検討している。

 同機器はライン上に流れてくる荷物の高さや横幅などをセンサーが自動で判別。フィルムラッピングとポリエチレン製のバッグで荷物ごとに応じた最適なサイズの荷姿に梱包するというもの。従来の梱包作業では現場で作業員が商品の大きさを見て段ボール箱のサイズをそれぞれ選ぶ必要があったが、その手間を解消。コスト面でも段ボールより安価で緩衝剤なども不要なことから輸送費を大幅に削減できるという。

 衣料品や靴といった軽くて荷を積み重ねても損傷しにくい商材が対象になると見込んでいる。「靴などは化粧箱の上からまた段ボールで梱包していることもあるがこのフィルム梱包で充分問題ない。トラックへの積載量も増やせる」(同)とした。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/3311
Listed below are links to weblogs that reference
バース・ジャパン、チラシ類同梱機器が好調 from 通販新聞

Home > フルフィルメント > バース・ジャパン、チラシ類同梱機器が好調

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ