Home > 媒体研究(紙・電波) > ライフスタイルデザインの「ラファブリック」 渋谷にオーダーメードECで常設店

ライフスタイルデザインの「ラファブリック」 渋谷にオーダーメードECで常設店

041.jpg ネット関連ベンチャーのライフスタイルデザインは1月16日、東京・渋谷の本社オフィス1階に、男性用のスーツやシャツなどを自由にカスタマイズできる通販サイト「ラファブリック」の常設店を会員向けにプレオープンした。本格オープンは同月23日で、同社が常設店を開設するのは初めて。

 「ラファブリック」は"個性を着よう"をコンセプトに、生地とデザインを豊富な種類から選べるほか、最大15カ所を採寸することで細かいサイズ調整もできる男性向けのカスタムオーダーECだ。全国のアパレル工場と提携し、中間流通を省くことで日本製のカスタムオーダーであっても、例えばシャツは6800円から、スーツは2万9800円から購入できるようにした。

 今回、オープンした「ラファブリック・リアルストア渋谷」(画像)は、作り手の縫製工場と使い手である消費者の想いが交差する存在を目指して"交差点"をテーマに展開。オーダーメードのこだわりを伝えるパネルの設置に加え、メード・イン・ジャパンの生産現場を映像で配信する。一方、敷居の高い従来型テーラーの雰囲気とは異なる解放感を意識した店作りを心がけており、商品も価格帯ごとにコーナーを分けて見せている。

 店内では、専門のスタッフが顧客一人ひとりに服を購入する際の悩みや好みのサイズ感を聞きながら採寸を行うほか、手持ちの服に合わせた着こなし提案などもする。採寸したサイズデータはクラウドに保存されるため、次回の買い物時にはオンラインで簡単に同じサイズの服を購入できるという。

 また、店頭ではiPadで接客することで、顧客が通販サイトを利用する際の操作性も確認。ユーザビリティーの改善点などを吸い上げ、同じビル内にあるオフィスで迅速に対応する。

 同社によると、「ラファブリック」は昨年秋以降、ユーザビリティーの改善や商品企画の強化などから顧客の4割がリピーターになっているという。また、秋以降に法人向けの無料出張採寸サービスを始めたり、東京モノレール浜松町駅ビル内に期間限定店を約2週間開設したこともあり、オンラインだけでなくリアルの場でも新規客を開拓しているようだ。

 同社では「スーツ、シャツ業界の古い価値観を塗り替えたい」(森雄一郎CEO)としており、今後も空港やカフェなどでのポップアップストア開設を計画。普段は量販店や百貨店などで既成品を購入しているデジタル世代をメーンターゲットとしてとり込む。また、オリジナルの生地を使った機能性の高い商品の開発も視野にあるほか、新規取引先工場を開拓して商品カテゴリーの拡充も図る考えだ。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/3272
Listed below are links to weblogs that reference
ライフスタイルデザインの「ラファブリック」 渋谷にオーダーメードECで常設店 from 通販新聞

Home > 媒体研究(紙・電波) > ライフスタイルデザインの「ラファブリック」 渋谷にオーダーメードECで常設店

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ