Home > 媒体研究(ネット・モバイル) > ヤフーの仮想モール 出店者のポイント原資負担、アップへ

ヤフーの仮想モール 出店者のポイント原資負担、アップへ

 ヤフーは4月1日から、運営する仮想モール「ヤフーショッピング」で商品購入時にユーザーに付与するポイントの原資の出店者負担を増やす。「ヤフーショッピング」では商品購入時に購入額に応じて「Tポイント」を付与しているが、付与倍率は出店者が販売する商品の税込価格の1~15%まで自己負担で任意に設定できるが、最低でも1%の負担が必要となっている。この最低原資負担を現行の1%から「2・5%」とするもの。この一部を留保し、ポイントキャンペーン時の原資に充てる考え。昨年から一部の出店者にヤフーから「4月1日から最低ポイント原資負担を2・5%としたい」という説明や要請があったもようで、1月12日までにメールを通じて、全出店者に通知した。

 ヤフーでは「ヤフーショッピング」の流通総額アップを図るため、各セール時でのポイント増量施策に加えて、昨年3月から有料会員制度「ヤフープレミアム」の会員を対象に、出店者のポイント原資負担額はそのままにヤフーが4%分の原資を負担する形でポイント付与率をアップする施策「Yahoo!プレミアム限定5倍キャンペーン」を実施。さらに昨年11月からは有料会員だけでなく、利用者全員に5%分のポイントを付与する「全員まいにち!ポイント5倍キャンペーン」を3月末までをメドに実施しており、それらが同モールの流通総額の押し上げに一定の成果をあげているよう。

 「ポイントによる販促効果は高いことが分かった。今後も継続してポイントキャンペーンなども実施していきたい。そのため、ユーザーに還元するポイントの原資を出店者の皆様にも若干、負担をお願いできれば」(同社)と出店者のポイント原資負担アップの理由について説明している。

 なお、4月1日から出店者のポイント原資の最低負担率を商品価格の2・5%に上げても、当該商品購入者に即時に2・5%分が還元されるわけではなく、付与率は従来通り、1%のままで残りの1・5%は留保。定期的に実施するポイント増倍キャンペーンの原資として利用するという。関係筋によると現行の利用者全員を対象に行う5%分のポイント付与キャンペーンを4月以降も継続される模様など、ヤフーでは今期、積極的に実施してきた大型ポイントキャンペーンを来期も実施していきたい意向のようだが、同社の負担を軽減させたい思惑もあるようだ。ポイント原資の負担増は出店者にとって儲けの目減りにつながることになるが、「これまでヤフー負担によるポイントキャンペで売り上げが順調なのは確か。負担アップは厳しいが、ポイント増量施策は効果的で負担も仕方ないのでは。負担が増えてもまだ他モールよりは少ない。ポイント増量施策が継続されれば来期も売り上げが伸びてくると思うので期待している」(某出店者幹部)との声が多いようだ。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/3256
Listed below are links to weblogs that reference
ヤフーの仮想モール 出店者のポイント原資負担、アップへ from 通販新聞

Home > 媒体研究(ネット・モバイル) > ヤフーの仮想モール 出店者のポイント原資負担、アップへ

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ