Home > 媒体研究(ネット・モバイル) > 楽天、中国大手仮想モールに出店

楽天、中国大手仮想モールに出店

楽天は12月16日、中国ネット販売大手の京東集団が運営する、国際版仮想モール「JDワールドワイド」に出店したと発表した。取り扱う商品は、化粧品、菓子類や健康食品などが中心で、今後拡大していく予定。販売する商品の数や目標売上高などは非公表となっている。

同日、ベータ版店舗を旗艦店として出店した。楽天が運営する海外販売専用の楽天市場「Rakuten Global Market(楽天グローバルマーケット)」の仕組みを活用。JDワールドワイドには、同社が楽天市場として出店する。

 楽天グローバルマーケットで販売する商品の中から、同社が中国の消費者に人気が出そうな商品を選んで販売する。同社が直接販売する商品はない。注文があった場合、商品を扱う店舗から直接出荷する形だ。楽天グローバルマーケットでは、通常のシステム利用料に加えて海外へ販売した売り上げ金額のうち、4%が上乗せされるが、JDワールドワイドで商品が売れた場合も、似た形の料金体系となる。

 楽天では2010年、中国検索大手の百度と連携し中国版楽天市場「楽酷天(らくてん)」を開設したが、競争激化から12年に閉鎖。その後、中国市場向けは楽天グローバルマーケットのみの展開となっていたが、今回の出店で販路が広がることになる。同社は「中国に限らず、今後も海外マーケットで適切なパートナーシップを検討してきたい」(PR推進部)とする。一方、京東集団にとっては、中国国内で需要が高まる、日本からの輸入商品がより多く提供できるメリットがある。


Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/3249
Listed below are links to weblogs that reference
楽天、中国大手仮想モールに出店 from 通販新聞

Home > 媒体研究(ネット・モバイル) > 楽天、中国大手仮想モールに出店

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ