Home > 商品政策 > AFC-HDアムスライフサイエンス 化粧品OEM強化へ、健食は特許取得で提案力高める

AFC-HDアムスライフサイエンス 化粧品OEM強化へ、健食は特許取得で提案力高める

081.jpg 健康食品の受託製造を行うAFC―HDアムスライフサイエンスは、化粧品のOEM事業を強化する。これまで化粧品は自社ブランドの通販展開が中心だった。また、中核事業である健食のOEMは、特許取得で取引先への提案力を高めていく。

 前期(15年8月期)のOEM事業は、青汁やスムージーなどの商品が好調で、前年比12・5%増の77億2000万円で着地した。

 今期は、化粧品のOEMでオールインワンゲルや複数の使用ステップを前提とするスキンケアの企画・製造、シャンプーなど一部のトイレタリー商材に対応。健食のOEMでは、ニーズが高まっているゼリー形状の受注増を図り、売上高は78億円と微増を見込む。

 健食のOEMでは、これまで提案力の弱さが課題となっていた。子会社の日本予防医学研究所(NYK)と連携して、独自技術の"見える化"を進めることで提案力を高める。

 他社との差別化は、ソフトカプセルのコーティング技術で図る。

 サプリメントに使うソフトカプセルは、熱などで皮膜が溶けることでカプセル同士が付着するなどのトラブルが起こることがある。同社もこれまで、同様の苦情が年間数十件ほど寄せられていた。昨年8月、これを解決するコーティング技術を開発。今年4月に特許を出願しており、早ければ年内にも特許が取得できるという。特許取得により、カプセルの皮膜の付着防止など品質を向上させる。

 カプセルの皮膜に使うゼラチンも魚由来のものに変えていく。一般的には牛や豚由来のゼラチンが主流だが、魚由来カプセルを安価に製造できる体制を整備。将来的にイスラム圏におけるOEM受注の増加を目指す。

082.jpg また、海外におけるOEM事業は今年8月、インドネシアにおける輸出申請手続きが完了し、フィッシュコラーゲンドリンクの販売を始めている。今期はマレーシアなどイスラム圏の開拓を進める考え。海外のサプリメントは「未開封証明」による品質保証や、異物混入などいたずら防止を目的にした容器の密閉に対するニーズが高いため、容器を密閉するキャップシーラー(高周波アルミ箔シール機=画像㊦)など新たな生産設備も導入する。

 これまで海外展開を視野に、透明フィルムで容器を包む「シュリンク包装」、紙箱の開閉部分を留める「シールラベル」など設備を導入してきていた。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/3166
Listed below are links to weblogs that reference
AFC-HDアムスライフサイエンス 化粧品OEM強化へ、健食は特許取得で提案力高める from 通販新聞

Home > 商品政策 > AFC-HDアムスライフサイエンス 化粧品OEM強化へ、健食は特許取得で提案力高める

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ