Home > 媒体研究(ネット・モバイル) > 宝島社  雑貨専門の通販サイト開設、"北欧"などコンセプトに

宝島社  雑貨専門の通販サイト開設、"北欧"などコンセプトに

 5-1.jpg宝島社は10月20日、雑誌「リンネル」の創刊5周年を機に、同誌編集部が厳選したライフスタイル雑貨を扱う通販サイトをオープンした。"北欧"と"和の手仕事"をコンセプトに40超のブランド、300点以上の商品数でスタート。3年後には1000点をメドに品ぞろえを拡充し、売上高3億円を目指す。



 同社が開設した通販サイト「kuraline(クラリネ)」(=画像)は、"CHOTTO&ZUTTO"を合言葉に、暮らしを"ちょっと"豊かにし、"ずっと"愛用できる商品を取り扱う。同サイトでしか購入できない限定商品や別注商品、先行販売も行う。
 
  雑誌「リンネル」は10~60代という幅広い年齢層の読者を抱え、月平均15万部を売り上げている。近年は"北欧"人気が高まっているが、「リンネル」で は創刊当初から旅や暮らし、インテリアまで北欧に焦点を当てた特集を組んで読者から支持されてきた。また、日本各地の手仕事を特集した企画も人気で、手工 芸の技術とコラボしたオリジナル商品なども作ってきたという。

 同社では、「リンネル」の読者以外にも"北欧"と"日本の手仕事"を知ってもらう場としてライフスタイル雑貨に特化した通販サイトを開設。商品の販売だけでなく、工房めぐりやその町の魅力、ブランドの持つストーリーなど商品にまつわる背景、情報を読み物として紹介する。

  雑誌12月号では1ページ半を使って「クラリネ」のオープンを告知し、読者のサイト送客を図っている。現時点で通販サイトと誌面の連動性について具体化は していないものの、誌面で紹介したアイテムや、誌面で取り上げた作家とのコラボ商品を作成してウェブ上で販売する予定だ。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/3154
Listed below are links to weblogs that reference
宝島社  雑貨専門の通販サイト開設、"北欧"などコンセプトに from 通販新聞

Home > 媒体研究(ネット・モバイル) > 宝島社  雑貨専門の通販サイト開設、"北欧"などコンセプトに

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ