Home > 商品政策 > 新日本製薬、主力ジェルを刷新

新日本製薬、主力ジェルを刷新

新日本製薬は、2006年5月の発売から約9年半で主力のオールインワンジェルの累計販売個数が3000万個を突破した。シリーズは全4商品。10月1日には、このうち、主力の2アイテムをリニューアルした。保湿作用のあるコラーゲン関連成分の配合を強化した。

リニューアルしたのは、オールインワンジェル「パーフェクトワン」シリーズの「モイスチャージェル」(75グラム、税込4104円)と、「スーパーモイスチャージェル」(50グラム、税込4860円)。ほかにホワイトニングを目的とした商品などをラインアップする。

 リニューアルでは、肌への「浸透」や「保護」など、さまざまな機能を持たせた複数のコラーゲンからなる「複合型リフティングコラーゲンEX」に配合するコラーゲンを5種類から7種類に増やした。新たに、油溶性で肌なじみの良い「オイルコラーゲン」と、「集中保湿コラーゲン」を加えた。

 「集中保湿コラーゲン」は、肌の状態に応じて臨機応変に保湿することができる特徴を持ったコラーゲンになる。

 肌は、同じ部位の中でも乾燥状態にバラつきがある。健康な肌は、肌表面のイオンバランスが整っているが、乾燥した肌は乱れ、電荷(+/-)が偏っているという。

 「集中保湿コラーゲン」は、こうした肌の性質を利用したもの。肌への保湿作用がある成分を含むカプセルの膜の電荷(同)を等しく構成。電荷の乱れがある乾燥した場所ではカプセル膜が崩れ、内包する保湿成分が放出される仕組みになっている。このため、日中を通じた肌の変化に応じた保湿が行え、持続的に乾燥にアプローチできるという。内包する保湿成分「コラーゲンアミノ」は、保湿作用のほか、コラーゲン産生促進やシワへのアプローチなどエイジングケアの役割も果たすという。

 このほか、肌が本来持つ自己再生力を高め、ハリや弾力の低下によるたるみをケアする「イノシトール」や「紫根エキス」を新たに配合。これら成分を含め50種類の保湿成分を配合している。

 「スーパーモイスチャージェル」のリニューアルでは、これに加え、浸透性の高いプラチナコラーゲンの保湿力を高めた「プラチナコラーゲンEX」を新たに配合した。そのほかの保湿成分も「モイスチャージェル」より5種類多い55種類を配合している。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/3150
Listed below are links to weblogs that reference
新日本製薬、主力ジェルを刷新 from 通販新聞

Home > 商品政策 > 新日本製薬、主力ジェルを刷新

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ