Home > 企業動向 > セブン&アイ、コンビニとECの連動強化

セブン&アイ、コンビニとECの連動強化

3-1.jpg
セブン&アイ・ホールディングスは11月1日、新たなオムニチャネルサービスを開始する。専用の通販サイトを開設し、コンビニエンスストアで商品の受け取りや返金・返品の受け付けを行う。グループの通販サイトを集約していた「セブンネットショッピング」は継続するが、IDやパスワードは継続して利用できるようにしサービスを移行する。2018年のオムニチャネル売上高は1兆円を目指す。

開始する新サービス「omni7(オムニセブン)」は約1万8000店のコンビニ店舗網と、開設する新通販サイト「omni7」を連携したもの。専用の通販サイトで購入した商品を店舗で引き渡すほか、購入した商品の返金・返品に店舗で対応する。このほか、店舗に設置した専用の接客端末を通じて御用聞きサービスを実施する。

 品ぞろえは2018年度に約600万点を計画する。セブンーイレブン・ジャパンやイトーヨーカ堂、そごう・西武、ロフト、赤ちゃん本舗、セブンネットショッピングなどグループ8社の商品を販売する。衣料品や食品、書籍など全般的に取り扱い、将来的に外部企業の商品や、ネット限定商品などの投入を計画する。

 物流は、今秋稼働を予定する大型配送センターを出荷拠点とする。関東の約7000店のコンビニに向けては毎日配送し、お急ぎ受け取りサービスを展開。ただ、ネットスーパーは従来通り実店舗から出荷する方針。

 これまでネット販売は「セブンネットショッピング」を中心に展開してきた。セブンネットショッピングで利用していたIDとパスワードは「omni7」で利用可能とし、既存客を新サービスに移行させる考え。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/3118
Listed below are links to weblogs that reference
セブン&アイ、コンビニとECの連動強化 from 通販新聞

Home > 企業動向 > セブン&アイ、コンビニとECの連動強化

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ