Home > 官庁・団体 > JADMA調査14年度通販市場、4.9%増の6兆1500億円

JADMA調査14年度通販市場、4.9%増の6兆1500億円

6-1.jpg
日本通信販売協会(JADMA)が8月26日に発表した2014年度(14年4月~15年3月)の通販市場売上高(速報値)は前年度比4・9%増の6兆1500億円となった(表参照)。金額ベースでは前年度比で2900億円の増加。マイナス成長を記録した1998年度以後、16年連続で増加傾向が続いており、直近10年間での平均成長率は7・3%となっている。

JADMAによると、伸び率では13年度の前年度比8・3%増を3・4ポイント下回ったものの、依然として高い成長率を維持。近年は楽天やアマゾン、スタートトゥデイといった仮想モール・大手ネット販売事業者がネット販売市場をけん引。加えて、実店舗を有する小売事業者のネット販売の参入も活発化した結果、新商品、周辺サービスなどが相次いでリリースされてきたことも裾野の拡大につながっているという。また、中小通販企業のネット販売も堅調に推移していると見られている。

 同調査の売り上げの数値は衣料品や雑貨、化粧品、健食などの物販が中心で、一部に保険やデジタルコンテンツが含まれている。また、会員情報に加えて、同協会会員481社(調査時点)を対象に実施した「通信販売企業実態調査」から得た回答の売り上げ部分を先行集計したものと、各種調査から推計できる有力非会員約165社の売り上げなどを加えて算出している。

 なお、同協会会員だけでの合計売上高を見ると14年度は前年度比2・3%増の3兆5300億円となり、こちらも増加傾向が続いている。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/3094
Listed below are links to weblogs that reference
JADMA調査14年度通販市場、4.9%増の6兆1500億円 from 通販新聞

Home > 官庁・団体 > JADMA調査14年度通販市場、4.9%増の6兆1500億円

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ