Home > フルフィルメント > プレイドの「カルテ」  モール出店者に初提供、会員情報も接客に活用

プレイドの「カルテ」  モール出店者に初提供、会員情報も接客に活用

 7-1.jpgネット関連ベンチャーのプレイドは8月20日、DeNA運営の仮想モール「DeNAショッピング」と、KDDIとDeNA子会社のモバオクが共同運営する「auショッピングモール」の出店企業に向けてプレイドのウェブ接客プラットフォーム「カルテ」の提供を始めた。今回の取り組みではDeNAが保有する会員情報をモール出店者が活用できるため、来訪者に応じた精度の高いウェブ接客が行えるようになる。


 「カルテ」はサイト訪問者の特徴や行動をリアルタイムに解析し、ユーザーに合わせたメッセージ配信などができるツール(画像)で、モールの店舗に提供するのは初めて。
 
 両モールに出店する店舗は「カルテ」を導入することで、モールが持つ会員情報(年齢、性別、誕生日、会員ランクなど)と自店舗内のアクセス情報(閲覧ページ、訪問回数、遷移ページなど)および購買情報(購入商品、購入額など)を活用して訪問者に応じた最適なメッセージ配信が行えるという。訪問者ごとにモールの会員ランクが把握できることで、「たとえ自店舗では購入履歴がなくても、モールへの愛着度を意識しながら購入につなげる手が打てる」(倉橋健太CEO)とする。
 
 「カルテ」は接客内容を自在に設定できるが、より簡単に利用できるように効果的な接客をテンプレート化した"接客レシピ"も提供して活用を促す。料金はモールの自店舗内のユニークユーザー数によって変わるが、5000円からの月額固定料金で提供する。
 
 なお、両モールの出店店舗数は4000以上で、幅広いカテゴリーの商品2000万点以上を販売しており、取扱高の約8割がスマホ経由という。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/3072
Listed below are links to weblogs that reference
プレイドの「カルテ」  モール出店者に初提供、会員情報も接客に活用 from 通販新聞

Home > フルフィルメント > プレイドの「カルテ」  モール出店者に初提供、会員情報も接客に活用

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ