Home > 媒体研究(ネット・モバイル) > LINE、フラッシュセール開始

LINE、フラッシュセール開始

5-1.jpg
LINEは5月13日、無料通信アプリ「LINE」内でフラッシュセールサービスを始めた。コスメや家電など曜日ごとにテーマを決めて毎日1万点以上の商品を投入、それぞれ1週間限定で販売する。毎日、販売開始前にプッシュ通知でユーザーに知らせることで購入につなげる狙い。


開始したのは「LINEフラッシュセール」。日曜日は「大人ビューティー」、月曜日は「メンズファッション」、火曜日「家電」、水曜日「有名ブランド」といった具合に曜日ごとにテーマを設定し、日替わりで投入する商品が異なる。取扱アイテムは1週間ごとにすべて切り替わり、翌週の同じ曜日にテーマに合わせた新たな商品を入荷する。

 フラッシュセール開始時には「LINE」の公式アカウントを通じてプッシュ通知を行い、ユーザーに周知を図る。フラッシュセールで扱っている商品は「LINE」アプリ内でそのまま購入が可能で、外部アプリのインストールは不要。

 購入方法は、「LINE App」内の「LINEフラッシュセール」を選択すると、フラッシュセールの商品を閲覧・購入することができる。決済はクレジットカードやコンビニ払い、LINEの決済サービス「LINEペイ」などに対応している。

 また、セール画面ではユーザーから閲覧された回数が高い順に商品の掲載順序がリアルタイムで入れ替わるようになっており、同時に累計の閲覧数も商品ごとに表示される。閲覧数が多い商品は自動的に上位に掲載され、在庫が無くなるとセール画面から削除される仕組みになっている。

 フラッシュセールでは新たな受発注システムを構築。輸入販売業者やメーカーから商品を委託された中間委託販売業者が他の店舗やEC事業者に在庫を卸す前に一定期間「LINEフラッシュセール」用に在庫を保管しておくことで、毎日1万点以上の品ぞろえを実現しているという。LINEでは引き続き商品の拡充を行う方針で、提携先企業を募集している。

 LINEはこれまで仮想モール「LINEモール」内で日替わりセールを実施していたが、新たに始まったフラッシュセールに移行・集約している。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/2955
Listed below are links to weblogs that reference
LINE、フラッシュセール開始 from 通販新聞

Home > 媒体研究(ネット・モバイル) > LINE、フラッシュセール開始

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ