Home > 媒体研究(紙・電波) > 千趣会、30・50代向けカタログ創刊へ

千趣会、30・50代向けカタログ創刊へ

千趣会は、2014年からスタートした5カ年中期経営計画の2年目に当たる今期(2015年12月期)、同中計に基づいた施策を積極化する。この一環として、上期中に30代および50代をターゲットとした新カタログを創刊。インターネットとの連携などで新たな取り組みを行う考えだ。

同中計は、経営環境の変化を受けた事業構造の根本的な変革を骨子とし、通販事業では、今後の主戦場をネット販売と捉え、ネット販売市場での独自の優位性を発揮できるオリジナルの高付加価値型商品の展開を構想。独自性と収益性の高い商品展開に向け、「SPAブランド推進室」を設置し、媒体基点のMDから店舗と同様のシーズンMDの構築に取り組む。

 すでに進められている施策としては、基幹カタログ「わたしの着たい服」を刷新し、今年1月に発刊した「ベルメゾン ファッション」。普段着に焦点を当てた商品機軸のカタログと位置づけるもので、モデルの商品着用画像を使った従来のコーディネート提案型の誌面から、商品画像をメーンに使い商品自体の良さを見せる誌面に刷新。カタログから「ベルメゾンネット」に誘導し、ネット上でコーディネートを見せるなどの試みを盛り込む。

 「ベルメゾン ファッション」の刷新は、基幹カタログを通じ幅広く商品に対する考え方などを知ってもらう狙いがあるが、千趣会ではこれを足掛かりに新たなカタログ展開の取り組みを進める意向で、上期中に30代キャリア女性向けの新カタログ「リルネ」と50代女性向けの新カタログ「ヴィアラモ」を創刊する。

 5カ年中期経営計画では、子どもの有無、有職・無職の切り口で30~50代の女性顧客を5つのセグメントに分類し、生活スタイルやニーズに対応したアプローチで顧客基盤を拡充する方向性を打ち出しており、「リルネ」および「ヴィアラモ」の創刊はこれに基づくものになる。

 2月17日に創刊した「リルネ」では、「ベルメゾン」ネット内に「リルネネットショップ」を開設し、カタログと連動した形で商品のランキングやスタイリストによる着こなし提案、色や素材、着用イメージなどを確認できる画像などのコンテンツを提供。また、カタログ誌面で商品のコーディネートを見せ、商品の詳細はネットで見てもらう形にしている。

 当初はカタログを軸とした展開だが、スマートフォンを中心としたネット販売に軸足を移し、メールや紙媒体を使いながら顧客との接点の拡大とキメ細かな対応を進める意向。扱う商品の約9割がオリジナルだが、今後、顧客の声や販売実績をもとに構成を見直し、ベルメゾンオリジナルの"30代しなやかキャリア層向けファッションブランド"の確立を目指す。

 5月創刊予定の「ヴィアラモ」でも媒体展開などを工夫し、50代向けオリジナルブランドの構築につなげる考えのようだ。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/2852
Listed below are links to weblogs that reference
千趣会、30・50代向けカタログ創刊へ from 通販新聞

Home > 媒体研究(紙・電波) > 千趣会、30・50代向けカタログ創刊へ

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ