Home > フルフィルメント > GMOメディア・森社長に聞く・ファッションアプリの現状と事業戦略は?

GMOメディア・森社長に聞く・ファッションアプリの現状と事業戦略は?

 7-1.jpg昨今、ファッション系のスマートフォンアプリが数多く登場しいているが、GMOメディアが手がける着こなしアプリ「CoordiSnap(コーデスナップ)」も150万ダウンロードを突破した人気サービスだ。同アプリの強みでもあるコミュニティー機能の強化や多言語対応といったサービス面に加え、今年は収益化にも着手する同社の森輝幸社長に、ファッションアプリの現状やビジョンなどについて聞いた。 
──ファッションアプリ市場が活況だ。
 
 「ファッションアプリの盛況ぶりは雑誌からのリプレイス、つまり、置き換え需要だと思っている。いま、ティーン向けのファッション誌がことごとく休刊に追い込まれている。携帯電話の利用料として、例えば月額7000円を払うことになると、CDや雑誌が買えなくなる。エンゲル係数ならぬ"モバイル係数"が高まったことで、雑誌を購入する経済的な余裕がなくなったわけだが、そうした中で雑誌に求めていたものがスマホの中に無料であるということが大きい
 
──とくにコーディネート系アプリの人気が高い。
 
 「当社が提供するコーディネートのアプリだけでなく、ユーザー同士で古着を売買できるフリーマーケットアプリも人気だが、ただの古着販売サイトかというとそうではなく、見ているだけでも結構楽しい。ファッションの意思決定において"着こなし"が非常に重要な要素になっていると改めて感じる

──「コーデスナップ」を始めた経緯は。

 「当社は無料ブログサービスの『ヤプログ!』など女性向けのコミュニティーサービスを展開しているが、ブログに自分のコーディネートを投稿するユーザーが多く、ニーズがあると感じた。また、Eコマース市場におけるアパレル商材の比率も高く、着こなし系のサービスは将来的にビジネスになると判断した。当初はガラケー向けサービスとして始めたが、顔を隠してアップするユーザーが多く、その手間を省けるようにオープンCVという技術を使って写真を撮ると顔の部分がハートマークなどで隠せるサービスを2009年11月に始めた。12年にはサービス名を従来の『スタイルログ』から『コーデスナップ』に変更し、モバイルではスマホに特化したサービスとして刷新した

──アプリの利用状況は。
 
 「10代後半~20代前半の女性ユーザーが中心で、アプリのダウンロード数は国内約120万で、日本以外では13年7月に繁体字の台湾・香港版を、昨年12月にはベトナム版の提供を始めた。台湾でのダウンロード数も約30万件となり、全体で150万件を突破した。ユーザーは自分のコーディネートの投稿やコミュニティー機能などを利用していて、月間のユニークユーザー数は約250万人だ
 
──「コーデスナップ」の特徴は。
 
 「ファッション誌はモデルを含めて"憧れ"で成り立つと思うが、『コーデスナップ』は等身大の安心感が支持されている。自分に近いユーザーの着こなしを見て参考にするといった"街角スナップ的"な路線を目指している。ただ、何万人ものフォロワーがいる『コーデガールズ』もいて、例えば、人気ブランド『アースミュージック&エコロジー』とタイアップして、発売前の服などをコーデガールズが着こなし提案をする企画を実施したところ、当該アイテムはECやリアル店舗で結構売れたと聞いている
 
──着こなし系アプリは競合も手ごわい。
 
 「コーディネート系のアプリではスタートトゥデイの『ウェア』、ヴァシリーの『アイコン』と当社『コーデスナップ』が3大サービスで、資本力の問題もあって他のサービスが生き残るのは難しいと感じている。『コーデスナップ』が競合と異なるのは、コミュニティーの場であるということ。質問コーナーは非常に活況で、ネットならではの双方向性を追求していきたい
 
──パソコン版も用意している。
 
 「ウェブ版は強みのひとつだ。アプリを中心に展開しているものの、流入については検索結果からが一番多く、アプリのマーケット内検索以外ではウェブ流入がほとんどだ。例えば、『春コーデ』とか『夏コーデ』などで検索すると上位に位置していて、ウェブ検索から1日10万人規模で新規客の流入がある。アプリへの導線を持ち、いわゆる自然流入があるのは強みだ。ウェブ上では一期一会の出会いにすぎないが、アプリを利用してもらえればプッシュ通知などを通じて継続的な利用につながる」 (つづく


Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/2810
Listed below are links to weblogs that reference
GMOメディア・森社長に聞く・ファッションアプリの現状と事業戦略は? from 通販新聞

Home > フルフィルメント > GMOメディア・森社長に聞く・ファッションアプリの現状と事業戦略は?

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ