Home > 媒体研究(紙・電波) > アマゾンジャパン  「アマゾントレイン」が運行、初の列車広告を実施

アマゾンジャパン  「アマゾントレイン」が運行、初の列車広告を実施

 4-1.jpgアマゾンジャパンは12月8日から、JR東日本中央快速線で列車広告を実施した。車両全体に配送時に使用されるアマゾンの段ボール箱風のデザインを、また車両内部の中吊りおよび車内映像メディア「トレインチャンネル」もアマゾンの広告とした車両「Amazonトレイン」が12月23日まで運行する。列車広告はアマゾンが12月8日から開始した日替わりのタイムセールを軸とした大規模セール「サイバーマンデー7日間限定セール」を含めた特別ページ「ウインターホリーデーストア」のPRの一環。アマゾンが列車広告を実施するのは今回が初めて。


4-2.jpg 「Amazonトレイン」内に掲示する中吊り広告では、アマゾン内で販売する商品紹介のほか、「明日12月24日水曜日にお届けします」「欲しいものを欲しいときに、届ける。」というメーンコピーとともに「なにかといそがしい年末。『お急ぎ便』対象ならクリスマスイブの前日だってOK。しかも、Amazonプライム会員になると配送料が無料です。」とし、速配を訴求する内容や、レコメンド機能や豊富な品ぞろえ、カスタマーレビュー、タイムセールなどアマゾンの特徴を説明している。また、トレインチャンネルでは中吊り広告で訴求したアマゾンの特徴や強みを30秒程度でまとめた数パターンの動画を作成、放映している。

 なお、列車広告にあわせて、「Amazonトレイン」などをモチーフとしたLINEの無料スタンプを12月2日から同29日まで配布している。

 アマゾンが列車広告を行うのは国内では今回が初めて。ネットだけでは獲得できない層に訴求し、知名度アップおよび新規顧客の獲得を狙っているようだ。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/2779
Listed below are links to weblogs that reference
アマゾンジャパン  「アマゾントレイン」が運行、初の列車広告を実施 from 通販新聞

Home > 媒体研究(紙・電波) > アマゾンジャパン  「アマゾントレイン」が運行、初の列車広告を実施

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ