Home > 企業動向 > 大丸松坂屋百貨店  店頭受取サービスを強化、専用サイトのシステム内製化

大丸松坂屋百貨店  店頭受取サービスを強化、専用サイトのシステム内製化

 3-1.jpg大丸松坂屋百貨店は、実店舗とネットなどの販売チャネルをシームレスにつなぐ"オムニチャネル"の取り組みを強化する。

 同社はネットで購入したファッション商材を自宅か大丸と松坂屋の対象店舗で受け取れるサービス「クリック&コレクト」を昨年11月にアパレル大手のワールドと組んでスタートしたが、今春には同サービスのシステムを内製化して利便性を高めたのに加え、9月末にはワールド以外にも取引先を広げたほか、決済や配送などサービス面の拡充にも着手した。

 大丸松坂屋百貨店は昨年からオムニチャネル・リテイリングに取り組んでおり、ワールドのシステムに乗る格好で「クリック&コレクト」をスタート。他の大手百貨店に先駆けてウェブ注文した商品を大丸6店(心斎橋店、梅田店、東京店、京都店、神戸店、札幌店)と松坂屋3店(名古屋店、上野店、静岡店)で受け取れるようにした。

 ただ、サービスを利用するには大丸松坂屋百貨店とワールド側の会員登録がともに必要になるなど通販の仕組みとしては致命的だったため、今年3月中旬に実施したサイト刷新時にシステムを内製化。注文から決済までを大丸松坂屋が行えるようにしたところ、利便性の改善もあって利用者は増えているという。

 品ぞろえの面では、スタート時はワールドが展開する人気ブランド「アンタイトル」や「インディヴィ」など21ブランドにとどまっていたが、システムの内製化もあって9月30日からはロートレ・アモンとフランドルの2社が参画。前者の「ロートレアモン」や後者の「イネド」「エフデ」など8ブランドが加わり、対象ブランドは29に拡大した(画像)。

 大丸松坂屋はさらなる品ぞろえの拡充に取り組んでおり、来年2月末までに取引先を10社に、ブランド数も大幅に広げる計画とする。

 サービス面では、「クリック&コレクト」で注文した商品を自宅に届ける際、従来は発送時にメールで知らせていたが、刷新後は注文から最短4日後以降の配送日時指定が可能になったほか、クレジットカード決済だけだった決済手段は代金引換にも対応した。また、店頭でのみ受け付けていたプレゼント包装についても、購入者の自宅や贈り先にもプレゼント包装で配送するなど、品ぞろえとサービスの両面で顧客満足度の向上を図る。

 同社では今後、「クリック&コレクト」の取り扱い商品は衣料品だけでなく婦人靴などの服飾雑貨やファッション領域全体に広げたい意向で、売り上げは取引先が10社に拡大した時点から1年間(2015年2月期をメド)で1億6000万円を目指す。

 なお、同社は昨年11月、百貨店店頭で目当ての商品がない場合に販売員がタブレット端末から在庫を確認してネット経由で消費者宅に商品を届けるサービス「エンドレスアイル」も大丸3店と松坂屋1店の合計4店舗でスタート。今回、ロートレ・アモンとフランドルの両社は同サービスには対応していないが、大丸松坂屋百貨店では引き続き「エンドレスアイル」の対象ブランド拡充にも取り組むという。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/2698
Listed below are links to weblogs that reference
大丸松坂屋百貨店  店頭受取サービスを強化、専用サイトのシステム内製化 from 通販新聞

Home > 企業動向 > 大丸松坂屋百貨店  店頭受取サービスを強化、専用サイトのシステム内製化

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ