Home > 媒体研究(紙・電波) > 千趣会  ブリトーで飲食事業参入、東京・丸の内に1号店開設

千趣会  ブリトーで飲食事業参入、東京・丸の内に1号店開設

 4-1.jpg千趣会は飲食店事業に進出し、9月26日に東京・丸の内にブリトー専門店「umum good burritos!(ウムウム グッド ブリトーズ!)」を出店する。働く女性に向け、独自にアレンジしたブリトーを提供するもので、今回の第1号店について初年度4400万円の売り上げを計画。同店の動向を見た上で多店化を進め、5年後をメドに首都圏を中心に10店舗体制を構築する考えだ。

 千趣会では過去に飲食店事業を手掛けたことがあるが、今回の「ウムウム グッド ブリトーズ!」では、「ウーマン・スマイル・カンパニー」の企業ビジョンに基づき、働く女性をターゲットに設定。仕事の合間に、女性が一人で気軽に食事をとれる場として、ファストフードとファミリーレストランの中間に相当する"ファストカジュアル"業態として店舗を展開する。

 ブリトー専門店で飲食事業に進出する理由は、ニューヨークの働く女性の間で食事の定番となっていることや、手や口のまわりを汚さずに片手で気軽に食べられこと、トルティーヤに野菜や肉など10~15種類の具材が食べられるため栄養のバランスが良いことなど。実際の展開では、日本の女性でも食べやすいようにアレンジした独自商品を提供する。

 9月26日にオープンする第1号店は、東京・丸ビル(東京都千代田区丸の内2―4―1)地下1階に出店。昼食時に女性が多い立地で、店舗面積は37・1平方メートル。営業時間は午前11時から夜9時(日曜・祝日は夜8時)までになる。

 店舗は、飲食経験者の店長と同社社員の副店長、アルバイト数名で運営し、提供するメニューは、イタリアンのシェフが監修する。

 メニューの詳細は、これから詰める段階だが、価格については米国から進出したブリトー専門店の価格が1000円以上であることを踏まえ、1000円以下の設定とするもよう。また、店舗が閑散となる時間帯の対応策として、オリジナルの"スイーツブリトー"の開発も進める。

 「ウムウム グッド ブリトーズ!」については、通販と一線を画した新規事業として展開。市中では、すでに様々な飲食店があるが、女性が1人で入れる店は意外に少ない。その中で"ファッションカジュアル"フォーマットの「ウムウム グッド ブリトーズ!」による新たな食事の提案が受け入れられるのか、今後の動向が注目されるところだ。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/2644
Listed below are links to weblogs that reference
千趣会  ブリトーで飲食事業参入、東京・丸の内に1号店開設 from 通販新聞

Home > 媒体研究(紙・電波) > 千趣会  ブリトーで飲食事業参入、東京・丸の内に1号店開設

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ