Home > 企業動向 > 銀座ステファニーとR&Yが経営統合 化粧品軸に今期150億円めざす

銀座ステファニーとR&Yが経営統合 化粧品軸に今期150億円めざす

 韓国生活用品大手のLG生活健康グループの銀座ステファニー化粧品(以下、銀座ステファニー)が7月1日、同じくグループのR&Yを吸収合併した。日本国内に常駐しないチャ・ソギョン社長に代わり、国内の通販事業は、2社から選任した2人の取締役副社長が担当することになる。銀座ステファニーでは、R&Yがこれまで培った新規獲得のノウハウを活かし、化粧品通販を事業の核に据えていく。今期(14年12月期)は、2社の前期売上高の合計と比較して約33%増となる150億円の売り上げを目指す。

 副社長には、R&Y出身の竹尾昌大氏と、銀座ステファニー出身の安藤恵子氏がそれぞれ就任する。竹尾氏は、新規顧客の獲得と定着を、安藤氏は既存顧客の育成やフォローを主に担当していく。

 合併に合わせて組織も再編。銀座ステファニーが知見を持たない新規獲得や定期引き上げの関連部署は、R&Y出身者を中心に両社の人材で構成する。データベースのシステム統合は来年の早い段階に終える予定。

 合併に併せ、今後は化粧品事業を核に顧客の囲い込みを進め、事業拡大を目指していく。年率5%程度の成長率を維持していく。

 新規獲得では、折込チラシやインフォマーシャル、ウェブなど積極的な広告投資で事業を拡大してきたR&Yの知見を活かす。銀座ステファニーは、2012年にキャンペーン施策を数カ月実施したのを最後に新規獲得を行っていない。このため、当面はR&Yの主力商品だった「プラセンタ100」を新規獲得商材に活用。9月以降、銀座ステファニーが展開する化粧品などでテストを行い、新規獲得商材の育成を図る。来期以降、化粧品での新規獲得を本格化する。

 一方、既存顧客のLTV向上に向けて独自の顧客担当制「コンシェルジュサービス」を敷く銀座ステファニーのノウハウをR&Yの顧客に活かしていく取り組みも検証する。今後、美容だけでなく健康関連の情報を持つカウンセラーとしても研修を充実。フォローコールの実施などで定期顧客の定着を図っていく。

 流通戦略も強化する。「プラセンタ100」は現在、ドラッグストア500店舗でも展開。適正な販売価格を維持した上で、テレビCMとの連動など利益回収できる事業モデルの構築をテストしてきた。下期で1億円以上の売り上げを目標に掲げ、来期以降、販売ルートの拡大を進めていく。

 合併以前の2社の直近の売上高は、銀座ステファニーが約60億円(13年12月期)。R&Yが約52億円(13年6月期)だった。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/2604
Listed below are links to weblogs that reference
銀座ステファニーとR&Yが経営統合 化粧品軸に今期150億円めざす from 通販新聞

Home > 企業動向 > 銀座ステファニーとR&Yが経営統合 化粧品軸に今期150億円めざす

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ