Home > 企業動向 > クックパッド  セレクチュアーを子会社化、株式80%を5億5000万円で取得

クックパッド  セレクチュアーを子会社化、株式80%を5億5000万円で取得

 クックパッドは8月1日、セレクチュアーを子会社化する。普通株式800株を5億5000万円で取得する。残りの200株については、2015年12月期中に取得し、完全子会社化する予定。

 クックパッドはセレクチュアーの洞本社長が持つ発行済み株式の80%を取得する。クックパッドは2012年7月から、食品の定期宅配「やさい便」を展開している。これに加えて、セレクチュアーが扱う衣料品やキッチン用品を獲得し品ぞろえを増やすことで、通販売上高の拡大を図っていく。

 一方、セレクチュアーはクックパッド経由の集客を行い、売上高の拡大を目指す。クックパッドの今年4月時点の月間延べ利用者数は4403万人で、20~40代が8割以上となる。セレクチュアーとの顧客属性が合致していることから集客強化につながると判断した。

 クックパッドの傘下入り後、セレクチュアーの洞本社長は代表権のない会長に就き、ノウハウの相互活用などを図っていく。クックパッドは社長および2人の役員を派遣する予定。

 セレクチュアーの2013年7月期売上高は前期比10・1%減の14億5800万円で、営業利益は同74・1%増の5900万円、経常利益は同73・8%増の6200万円だった。今期は増収増益を計画し、過去最高益を達成する見込みのようだ。


Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/2618
Listed below are links to weblogs that reference
クックパッド  セレクチュアーを子会社化、株式80%を5億5000万円で取得 from 通販新聞

Home > 企業動向 > クックパッド  セレクチュアーを子会社化、株式80%を5億5000万円で取得

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ