Home > 媒体研究(紙・電波) > 大地を守る会 専門部署設置しローソンへの卸拡大

大地を守る会 専門部署設置しローソンへの卸拡大

 大地を守る会はローソンへの卸販売を強化する。6月25日から、生鮮コンビニ「ローソンマート」へ、7月9日から関東・甲信越エリアの「ローソン」への卸販売を開始した。前期にローソンとの取引拡大を見込み、産地開拓や物流構築の専門部署を立ち上げている。

 大地を守る会の野菜を取り扱う店舗数は「ローソンマート」は関東の約10店舗。トマトやきゅうり、じゃがいもなどの定番野菜を中心に取り扱いを強化する。

 一方、「ローソン」は関東甲信越で展開する3000店舗のうち一部店舗で取り扱う。店舗の発注状況で異なるため、大地を守る会の野菜を取り扱いがない店舗があるとした。プラムやズッキーニなどの旬の野菜を中心にラインアップする。

 同社は昨年3月に、ローソンとの業務提携を締結。「ナチュラルローソン」20店舗や、「ローソン」の健康をテーマとしたフラッグシップ店などへの卸を実施。今回、「健康」を軸に店舗展開を強化するローソン側の方針に沿って卸販売を拡大することにした。

 同社は今期、ローソンへの卸販売を強化する方針。ローソンを通じた認知度向上で、ブランドに対する信用力を高めたい考えだ。

 なお、2014年3月期の卸販売売上高は前期比45%増の2億6500万円だった。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/2602
Listed below are links to weblogs that reference
大地を守る会 専門部署設置しローソンへの卸拡大 from 通販新聞

Home > 媒体研究(紙・電波) > 大地を守る会 専門部署設置しローソンへの卸拡大

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ