Home > 商品政策 > 夢展望  独自ブランドの下着発売、衣料品とのクロスセルへ

夢展望  独自ブランドの下着発売、衣料品とのクロスセルへ

 8-1.jpg夢展望は5月17日から、独自ブランドの下着の販売を開始した。これまで下着は仕入れ販売で数量を限定して取り扱っており、好調だったことから本格化した。既存の衣料品に合わせて中心価格帯は2000円台に設定し、衣料品と一緒に購入してもらうことで客単価の向上を目指す。発売に合わせた雑誌への広告出稿で認知度を向上し、当初見込み通りの立ち上がりになったようだ。

 発売した下着ブランドは「ヴィヴォーグ」。女性を魅惑的に演出し見えないところにこだわる女性のためのランジェリーをコンセプトに開発した。

 ブラとショーツのセット商品の中心価格帯は2500円で、衣料品の平均価格帯に合わせた。サイズはB65~D75までの9サイズ展開となる。

 独自ブランドの立ち上げに伴い、専任の担当デザイナーを1人置いた。発売時に14型を提案し、順次品ぞろえを拡大していく。

 ブラジャータイプは「美デコルテ」や「ボリュームアップ」、「谷間づくり」の3タイプを用意し、4分の3カップブラやハーフカップブラのほか、ノンワイヤーブラを提案。サテンやレース、シフォンなどの素材を使用したアイテムを提案する。

 自社通販サイトではブランドの専用ページを用意。自社通販サイト内のバナーや企画で下着ブランドページへの誘導図るほか、自社顧客向けのメールマガジンで紹介していく。衣料品と一緒に下着を紹介することで顧客の買い回りを促進し、客単価の向上につなげたい考えだ。

 下着の取り扱いは約2年前から展開しており、これまでは夢展望がセレクトした商品を仕入れ販売していた。数量を限定して取り扱っていたが、衣料品の購入時に"ついで買い"するユーザーが多く需要があると判断。独自ブランドを立ち上げて取り扱いを本格化することにした。

 下着の発売に合わせて、女性ファッション誌「JELLY」に出稿した。商品の価格帯や顧客層が「JELLY」読者に合致すると判断。「JELLY」のモデルを起用して、広告タイアップ2ページと1ページの純広告を出稿した。

 立ち上がりは当初見込み通りに推移したという。女性ファッション誌で活躍するモデルを起用したことなどで認知度の向上に奏功したようだ。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/2544
Listed below are links to weblogs that reference
夢展望  独自ブランドの下着発売、衣料品とのクロスセルへ from 通販新聞

Home > 商品政策 > 夢展望  独自ブランドの下着発売、衣料品とのクロスセルへ

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ