Home > 企業動向 > パルコ  ショップブログに通販機能、取り置き予約で来店促進も

パルコ  ショップブログに通販機能、取り置き予約で来店促進も

 2-1.jpgパルコは5月21日、スタートトゥデイおよび同社子会社と組み、パルコの商業施設に出店中のテナントが活用する「パルコショップブログ」に商品の取り置き予約と通販機能を追加したほか、ファッションコーディネートアプリ「ウェア」と連携することで着こなし情報を強化した。

 ショップブログに追加した新サービスは「カエルパルコ」。スタートトゥデイ子会社のブラケットが提供するECプラットフォーム「ストアーズ・ドット・ジェーピー」と連携し、パルコのショップブログで紹介した商品をそのままウェブ上で購入できる通販機能に加え、ショップ店頭で引き取って試着できる機能を導入。実物を確認してから購入した消費者ニーズにも応える(=㊨画像)。

 まずは、ショップブログの閲覧数が多い静岡パルコの「エックスガール」と「ステューシー」「アンディフィーテッド」の3ショップで運用をスタート。6月中にも名古屋パルコの複数ショップが導入を予定するほか、秋以降、都心型パルコ8店舗でもウェブ接客に積極的なショップから順次、導入していくという。

 通販機能については、店頭在庫から発送するため、売り上げは実店舗に計上される。一方、取り置き予約を選択した場合、消費者は1週間以内に来店して確認用のメールを見せれば当該商品を試着でき、キャンセルも可能だ。

 パルコによると、ブログは各ショップスッタフが更新しているため、「手間がかからず、直感的に操作できるウェブストアとの連携を重視した」(同社)という。

 「カエルパルコ」の対象商品はブログで紹介する全商品ではなく、各ショップが店頭在庫の状況を見て自由に選定するため、奥行きのある売れ筋商品や、ネットで売れそうなアイテムに限定しての展開が可能で、対象商品は参加ショップのブログのトップページ最下部に一覧表示される。

 そもそも、これまではショップが消費者からの電話を受けて商品を取り置きしたり、来店できない顧客には店舗に現金書留で代金を送ってもらってから消費者宅に商品を発送するといった通販を各ショップの判断で行うケースもあるようで、パルコとしては同社が推進するショップブログに同様の機能を実装することで商業施設としての価値を高めるとともに、消費者の来店強化につなげたい意向のようだ。

 一方のコーディネート情報については、昨年10月にスタートトゥデイが「ウェア」を開始して以降、パルコではショップスタッフが同アプリを介したウェブ接客を積極的に推進。ショップへの来店や買い上げにつながる事例が多数見られたことから、「ウェア」に投稿したショップスタッフのコーディネート情報が「パルコショップブログ」にも連携して表示されるようにしたという。

 まずは「ウェア」で3万6000人以上のフォロワーを抱える販売員のいる「サロン・ド・バルコニー」渋谷パルコ店など約100ショップで連携表示を開始。順次、パルコ各店のショップブログに導入を予定する。

 パルコは、ウェブ戦略のキーワードとして「24時間パルコ」を掲げており、在庫を持たないデベロッパーとして、すべてのテナントにオムニチャネルのプラットフォームを提供することで勝ち残りを目指す考え。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/2538
Listed below are links to weblogs that reference
パルコ  ショップブログに通販機能、取り置き予約で来店促進も from 通販新聞

Home > 企業動向 > パルコ  ショップブログに通販機能、取り置き予約で来店促進も

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ