Home > 商品政策 > オイシックス、サラダの宅配を開始

オイシックス、サラダの宅配を開始

8.jpg
オイシックスは5月13日から、企業向けにサラダの宅配サービスを開始した。週替わりで提案する3メニューの中から選ぶことが可能で、社員食堂の代替や、企業の福利厚生の一環などとして導入できる。今年4月からテストを開始しており、すでに5社で導入しているという。早期に売上高10億円を目指す。売り上げの拡大に伴う製造稼働率向上を見込み、物流センターの効率化につなげたい考え。

開始したサラダデリバリーサービスは、ランチ向けに展開するもの。野菜だけでなく、海老やチキン、ショートパスタなどを使用したメニューを週替わりで展開する。今後、有名シェフとのコラボしたものなど独自性の高いメニューの提案も行っていく計画。
 
価格はレギュラーサイズ800円とミニサイズ600円。企業が福利厚生の一環としてサラダの料金を負担することができる。10食以上の注文から対応する。対象エリアは東京23区で、毎週1回、指定した曜日に配達する仕組み。

 導入企業はアライドアーキテクツやネットプライスなど5社。社員食堂がない企業や、健康意識が高い従業員に対する福利厚生として導入するケースが多いもよう。オイシックスはサラダをきっかけに、味などの価値を伝達することで認知度向上を図り新規客の獲得につなげる。

 今後、企業向けデリバリーサービスは、サラダ以外の商品の取り扱いを視野に入れる。すでに導入している企業から、朝ごはんや夜食、おやつなどの宅配の要望を受けており、「サラダを軸に広がりがあると考えている」(同社)とした。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/2536
Listed below are links to weblogs that reference
オイシックス、サラダの宅配を開始 from 通販新聞

Home > 商品政策 > オイシックス、サラダの宅配を開始

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ