Home > 特集企画 > "食堂"が引き出す社員力

"食堂"が引き出す社員力

1-1.jpg
会社を支える要素は様々あるが、中でも最も大きな"支え"となるのは従業員であることは間違いない。良い商品を見つけ、適切な販売方法を考え、満足度の高い接客を行うことなどで企業の業績をアップさせる原動力となるのは社員の力だ。社員をいかに支え、やる気を喚起できるかは企業にとって業績に直結する大きなテーマとも言える。その1つの施策として近年、注目されるのが社員食堂。各社、様々な狙いやコンセプトを持ち、特色のある「社食」を運営し、"社員力"を引き出しているようだ。

ヤフーの「BASE6」
"課題解決"の空間に

ヤフーが本社を構える東京・六本木のミッドタウンから徒歩数分。ビルの地下に隠れ家のような空間がある。同社の社員食堂「BASE6(ベース・シックス)」だ。

 オープンは今年1月31日。社内の有志6人のプロジェクトチームによって作られたこの食堂だが、内部には様々なこだわりがある。

 例えば、「山小屋」と呼ばれる場所。天井が低く、壁紙にも丸太のイラストがあり、外から遮断された空間設計になっている。"和"をテーマにした「離れ」には畳敷きの床に大きな円卓が置かれ、各自が輪になって座る。「原っぱ」という空間には、緑のカーペットを敷き、壁に草を植栽した。木の下に机とイスが置かれ"木漏れ日"が当たるようになっている。

 プロジェクトメンバーの1人である社長室の箕輪憲良氏は「この空間をきっかけにそれぞれが持つ"課題解決"に役立つような場所にしたいという狙いがあった」と食堂開設の経緯を説明する。

 ランチタイムは午前11時半から午後3時半。スマートフォン専用アプリを使った事前予約制で、社員のみ利用が可能。3時半から6時までは、社員向けのミーティングタイム。そして夜6時から11時のディナー営業については、社員と一緒であれば社外の人間も使うことができる。

 ランチのメニューは、定食と丼ものの2種類から選択する。メニューは管理栄養士が指導して健康面に気を配っている。また、ヤフーには若い男性エンジニアが多いことから、野菜不足という"課題を解決する"ためサラダは盛り放題になっている。

 ディナータイムには、東日本大震災で被災した企業や漁師から直接購入した食材を使った特別メニューを用意している。例えば宮城・石巻産のワカメや、岩手・陸前高田で作られている生パスタ、岩手・釜石の塩辛などがあり、ほかにも東北3県(岩手・宮城・福島)の日本酒を取り扱う。

業績連動型の価格帯

 箕輪氏は食堂について「単に食事をして終わりという場所にはしたくなかった」と述べる。そこで「BASE6」では、全社的な数値目標に向けて"課題を解決する"という点でもこだわっている。

 ヤフーは2019年までに営業利益2倍という目標を掲げている。ただ、社員は自分自身のプロジェクトやセクションの数値は気にするものの、全社的な数値にはあまり意識が向いていないのではないかとプロジェクトのメンバーは考えた。そこで出たのが業績連動型の料金設定だ。

 ランチメニューに関しては、4半期ごとの全社の営業利益が目標を達成すれば、その次の4半期は無料になる。未達であれば1食540円でそのうち会社負担の130円を引いた410円が社員の負担となる。

 現場の社員にとって全社の利益について話題が出るということがあまりないため、業績を食堂の料金に連動させることで、各自が全社的な数値目標を「意識してもらうきっかけづくりになれば」(箕輪氏)と期待を寄せる。

ファンケル
タニタメニューで健康管理

1-2.jpg
ファンケルは昨年10月、横浜市内にある本社1階に社員食堂「FANCL KITCHIN FANCL×TANITA」をオープンした。"健康や美を提供する企業としてまず従業員が健康であることが大事"という池森賢二会長の考えを受けて開設。栄養バランスに配慮した食事を提供することで知られる「タニタ社員食堂」と同じメニューを提供している。

 食堂では、タニタが監修する日替わりメニューと、ファンケルオリジナルの日替わりメニューを提供する。運営会社のレパストがタニタの審査を受けた上で提供。メニュー数は、タニタが約30、ファンケルオリジナルが50~60になっている。

 タニタのメニューは、1定食あたり野菜を150~250グラム使い、カロリーは500キロカロリーと、栄養バランスに配慮したもの。固く、大きめに切られた野菜を中心としたもので、よく噛み、時間をかけて食事をすることで満腹感を得るなど、タニタが提唱する食事法を考慮している。一方のファンケルオリジナルメニューも500キロカロリーを目安に健康面に配慮したものになっている。

 これまでタニタが期間限定で企業にメニューを提供したり、一般向けに食堂を開設したことはあるが、継続的に他社の社員食堂にメニューを提供するのは初めて。「話題になっているタニタのメニューを社員食堂で毎日食べることができる」など食堂開設を喜ぶ声が多く、女性社員を中心に利用が広がっている。

 約600人いる従業員のうち、1日の利用は230人ほど。食事時間が昼の時間帯に集中することもあり、混雑を避けるため席数も開設当初から12席増やした116席を設けている。

1-3.jpg
 一方、タニタ、ファンケルオリジナルのメニューとも健康志向を重視したため、利用者が女性に偏り、「ボリュームがもう少し欲しい」「ヘルシーだが味気ない」といった男性社員の声もある。これを受けて2月からはカロリーや塩分に配慮しつつも、タニタとはコンセプトを棲み分け、800キロカロリーを上限にボリューム感のあるオリジナルメニューも展開。

 今後、さらに利用者を増やすため、従業員によるレシピコンテストを行い、優秀者のメニューを食堂で提供したり、関連会社「ファンケル スマイル」が栽培する野菜を使用するなどの企画を検討している。

QVCジャパン
24時間いつでも食事を

1-5.jpg
QVCジャパンでは「24時間稼働の社員食堂」が従業員から好評を博しているようだ。同社の社食は昨年1月に竣工した千葉・幕張の新社屋「QVCスクエア」の稼働に合わせ、24時間生放送の現場を支える社員への福利厚生の一環としてオープンした。

 三井物産系のエームサービスが運営し、日替わりでメイン・ヘルシー2種類の主菜メニューや丼、麺類、カレーなどを提供。3月下旬の週のメニューをあげると、月曜日から順に「メイン」はカキフライ、豚生姜焼き、唐揚げ、おろしハンバーグ、チキン。「ヘルシー」ではクリームシチュー、鰯の蒲焼、鯖味噌、卵とハムの炒め、鮭の蒸し煮。「丼」はとりそぼろ丼、鉄火丼、貝柱と野菜の旨煮ごはん、鶏肉のグリルセット、五目あんかけ炒飯などで、人気メニューは時々、登場する「ステーキ」だという。

 充実したメニューと「だいたい一食650~700円くらいになるようにしている」(同社)という安価な価格設定に加え、24時間稼働している利便性から夜間に働く従業員の利用のほか、昼間に働く社員からも「飲食店への移動や並ぶための時間をとることなくゆっくり食事をとれる」と好評で毎日200人以上が利用しているという。

1-4.jpg
 眺めのよい最上階に約860平方メートル(厨房除く)という広いスペースをとり、270席を設け、東京湾を望むテラス席まで用意した社員食堂には日常的に多くの社員が集まる空間となっており、社員同士で顔を合わせる機会も増え、様々な業務を複合させ作り上げる通販番組に必要な他部署間のコミュニケーションの促進という面でも効果を発揮しているようだ。



Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/2475
Listed below are links to weblogs that reference
"食堂"が引き出す社員力 from 通販新聞

Home > 特集企画 > "食堂"が引き出す社員力

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ