Home > 媒体研究(ネット・モバイル) > ケンコーコム  店舗に薬剤師が24時間常駐、ルール厳格化に対応

ケンコーコム  店舗に薬剤師が24時間常駐、ルール厳格化に対応

 ケンコーコムは4月から、薬剤師の24時間店舗常駐による第1類医薬品のネット販売を開始する。6月12日に施行される改正薬事法の施行規則省令で第1類医薬品の販売・情報提供ルールが厳格化されることを受けたもので、購入者が24時間専門家とコミュニケーションが取れる体制を整備し、一般用医薬品ネット販売の利便性と安全性の向上を図る。

 第1類医薬品のネット販売のネット販売については6月の改正薬事法施行に伴い、薬剤師が用法、用量、併用を避けるべき医薬品など必要な情報を個々の購入者に提供するとともに、その情報内容を理解したこと、さらに質問がないことを確認した上でないと販売ができないといったルールが省令で設けられる。

 これは安全性確保のためのルールだが、薬剤師が不在の深夜時間帯に注文を受けた場合、回答が翌朝以降になるなど対応が遅れ、購入者に「ネットではすぐに商品を注文できない」と思われる可能性もある。

 このためケンコーコムでは、新ルールの下でより円滑に第1類医薬品を提供するためには、薬剤師と購入者が常時双方向のコミュニケーションを取れるようにすることが不可欠と判断。店舗に薬剤師を24時間常駐させることにした。

 ケンコーコムは現在、福岡飯塚市と千葉県市川市に薬局(店舗の営業時間は福岡が午前10時~午後3時、千葉が午前9時~午後5時)を設置。24時間対応で店舗に常駐する薬剤師の体制などの詳細は公表していないが、各店舗を併用しながら対応を図っていく考えのようだ。

 同社では、店舗の薬剤師24時間常駐を皮切りに、改正薬事法施行規則施行への対応を加速させる意向で、薬剤師による情報提供および購入者の理解確認などのやり取りをリアルタイムで行えるようにするチャットシステムの導入も計画する。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/2462
Listed below are links to weblogs that reference
ケンコーコム  店舗に薬剤師が24時間常駐、ルール厳格化に対応 from 通販新聞

Home > 媒体研究(ネット・モバイル) > ケンコーコム  店舗に薬剤師が24時間常駐、ルール厳格化に対応

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ