Home > 媒体研究(ネット・モバイル) > ロコンド  アウトレット品のEC開始、30日間の返品保証も

ロコンド  アウトレット品のEC開始、30日間の返品保証も

 5-1.jpg靴とファッションのネット販売を手がけるロコンドは、4月をメドにアウトレット商材を専門に扱う通販サイトを開設する。靴やバッグを中心に定価の平均7割引きで販売し、送料無料・30日間の返品保証(返品送料は有料)を設けることでファッション商材を気軽に購入したい消費者を開拓するとともに、自由度の高い取引形態を用意して新規出店ブランドの獲得につなげる。3年後には当該サイトで100億円の売り上げを目標とする。

 ロコンドがオープンする通販サイトは「LOCOLET(ロコレット)」(画像㊤)。"アウトレットをもっと自由に"をコンセプトに、顧客にも取引先ブランドにも支持されるアウトレットECを目指す。

 送料は無料、返品送料は一律750円だが、アウトレット商材では異例の30日の返品保証期間を設けることで、従来はキズや汚れなどを気にして購入できなかった消費者も取り込む考え。

 4月以降は消費増税に伴う買い控えも予想されるが、「ロコレット」では51%以上の割引率(平均割引率70%)というお買い得感で購買意欲を喚起する。

 販売形式は誰でも購入できるオープン型やメルマガ会員を対象にしたシークレット型、常時販売や2週間の短期販売にも対応するほか、調達面では消化仕入れだけでなく、買い取りも行う。また、アウトレット商材でもブランドイメージを損なわないよう、同社のカメラマンが撮影するという。

 米国などと比べてアウトレットECの市場規模が小さい日本だが、「ロコンド」で1000以上のブランドを扱う商品力と、送料無料・返品OKなどのサービス力の両面が充実していれば市場を活性化できると判断。「アウトレットECの市場を創るつもりで参入する」(田中裕輔社長)という。

 現在、ブランド側もリアルのアウトレットには物理的な問題もあって商品を展開しきれておらずアウトレット品の在庫を抱えているほか、アウトレット専用商品を生産するブランドもあることから、ネット上の売り場への期待感は高いようだ。

 同社では、今年2月に大手婦人靴メーカーの07年~08年商品でトライアルを実施。メルマガやサイト内で告知したところ1週間で約3600足(消化率57%)が売れ、顧客ニーズが確認できたとする。

 ブランドの事前登録は2月27日から始めるが、取引先への事業説明会では90%以上の企業が「ロコレット」への出品に興味を示したという。

 同社によると、返品送料も無料の「ロコンド」の返品率が30%なのに対し、「ロコレット」は10%程度と試算。倉庫運営への負担は少ないとみている。また、「ロコンド」では倉庫に在庫を保管して即日出荷の体制を整えているが、「ロコレット」は受発注をメーンとすることで倉庫に商品が滞留しないようにする。

 一方、14年秋シーズンには高級ブランドを集めたサイトを開設する計画も進めており、3つの売り場を展開することで幅広い客層を囲い込む。

 なお、14年2月期の商品取扱高は前年比67%増の約52億円で着地する見込みだが、15年2月期は取扱高100億円と黒字転換を掲げており、新サイトの開設で目標達成の確度を高める。



5-2.jpg【田中裕輔社長に聞く・新サイト開設の狙い】

"ニコタマ構想"を推進へ

──アウトレット品の通販を始める。
 
 「米国では数百億円を売り上げるアウトレット品のEC企業が数多くある。日本でも同様の事業を展開する企業があるものの、米国ほどの規模感に達していないのは、商品とサービス面で消費者の期待に応え切れていないからで、当社であれば勝負できる」
 
──テスト販売を行った。
 
 「婦人靴メーカーのアウトレット品でテストしたところ、予想以上の消化率だった。良い商品を手頃な値段で、『ロコンド』のサービスに乗せれば売れることが分かった」
 
──リアルのアウトレットもあるが。
 
 「実店舗は物理的な問題で、品質が良くても鮮度が落ちてきたアウトレット品は売り場に並ばず在庫として眠っているが、ネットであれば売れる」
 
──高級ブランドを扱うサイトも開く。
 
 「『ロコレット』や、ハイブランドを扱うサイトの開設は当社が進めるウェブ上の"ニコタマ(二子玉川)構想"の一環でもある」
 
──どんな構想か。
 
 「当社の顧客は女性比率が77%と高く、人口上位20都市に占めるロコンドユーザー率は世田谷区が群を抜いている。都市部で裕福な地域ほど顧客になる確率が高い。こうした顧客属性もあり、半年ほど前から二子玉川のようなイメージを作りたいと動いている」

──具体的には。
 
 「二子玉川は30~40代が多く、比較的裕福なファミリー層が集まる。当社が掲げるキーワード"ほっこり"と共通するが、銀座などの"よそ行き"な感じではなく、地元の人が自然と集まる場所だ。ベビーカーでも移動しやすく便利な街は、当社の送料無料や返品送料無料といったサービスにも通じる。街全体を見渡せば、高級ブランドが入居する『玉川タカシマヤ』と、セレクトショップなどが売り場を構える『玉川高島屋SC』、ファストファッションも入る『二子玉川ライズ』という3つの施設からなる、ちょっと高めのイメージがあり、こういう売り場づくりを当社でも目標にしている」

──「ロコレット」はその一翼を担う。
 
 「良質なアイテムをそろえるが、価格帯としては一番安く買える場所になる。商品群、価格帯に合わせた売り方、サービスのあり方を考えていきたい」


Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/2437
Listed below are links to weblogs that reference
ロコンド  アウトレット品のEC開始、30日間の返品保証も from 通販新聞

Home > 媒体研究(ネット・モバイル) > ロコンド  アウトレット品のEC開始、30日間の返品保証も

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ