Home > 媒体研究(ネット・モバイル) > リアルコマース  新サイト「エヌクラス」開設、韓国の服に特化で

リアルコマース  新サイト「エヌクラス」開設、韓国の服に特化で

 5-1.jpgレディース衣料のネット販売を手がけるリアルコマースは昨年12月中旬、韓国ファッションを扱う通販サイト「N.CLASS(エヌクラス)」(=画像)を楽天市場内に開設した。

 新サイトは同社の韓国関連会社が企画し、仕入れたファッションアイテムの中からリアルコマースが日本市場向けに選定。毎日約20点、常時400~500点を展開しており、各アイテムは3週間以内にほぼ売り切る回転の速さも特徴だ。

 商品は受発注型で販売。消費者が注文してから平均5日後に届くようにすることで、在庫リスクなどを回避して事業展開している。

 サイトには韓国人モデルを起用したスナップ写真を数多く掲載しており、韓国だけでなく、日本や欧米など世界中で撮影し、"画像でも勝てる通販サイト"として展開。「コストはかかるが、消費者に素敵だと思ってもらえる魅力的なページを作り続けたい」(恩蔵優専務)とする。

 リアルコマースでは、主力通販サイトの「ナウアイスタイル」でも数年前から「エヌクラス」で取り扱う服を単品で販売してきた。ファストファッション価格がほとんどの「ナウアイスタイル」の中で韓国ファッションは高い価格設定であるものの、全社売り上げの30~35%を占めるまでに成長していたため、「エヌクラス」として専用サイトを開設することになった。

 以前にも、「ナウアイスタイル」内で韓国ファッションを本格展開したことがあったが、セレブファッションを扱う同サイトは通常、欧米人モデルを起用しており、その中に韓国人モデルの写真を並べたことで世界観が崩れて売り上げの底上げにはつながらなかったため、今回は完全にサイトを分けたという。

 今後は「エヌクラス」を中心に韓国ファッションを展開するが、「ナウアイスタイル」の顧客に受けそうな服は外国人モデルの着用画像に切り替え、トーンを統一して販売する。

 新サイトの出だしは非常に好調のようで、「早くも損益分岐点を超える勢い」(恩蔵専務)とし、1年後には会員数1万人、月商で1500万円、年商1億3000万円規模の売り上げを目指す。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/2410
Listed below are links to weblogs that reference
リアルコマース  新サイト「エヌクラス」開設、韓国の服に特化で from 通販新聞

Home > 媒体研究(ネット・モバイル) > リアルコマース  新サイト「エヌクラス」開設、韓国の服に特化で

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ