Home > 商品政策 > 千趣会、洗濯物ニオイ解消する洗剤

千趣会、洗濯物ニオイ解消する洗剤

8-1.jpg
千趣会は12月25日から、自社通販サイト「ベルメゾンネット」で独自開発の洗濯用粉末洗剤「洗ったのにくさい!を感じた時に使う洗剤」を発売した。顧客アンケートで乾いた洗濯物のニオイが気になるという声が多かったことを受けて開発したもので、プロ仕様の洗濯洗剤を使うなど機能性を追求した。同社では、"洗うこと"に対する消費者ニーズに着目。オリジナルの洗剤ブランド「Wash Labo(ウォッシュ ラボ)」を立ち上げ、今後、商品バリエーションを拡充していく考えだ。

今回、発売した「洗ったのにくさい!を感じた時に使う洗剤」は、2012年11月に実施した顧客アンケートで、普段の洗濯で乾いた洗濯物のニオイが気になるという回答が82%(有効回答数1264人)に達したことを踏まえて投入した。

 乾いた洗濯物のニオイは、洗い落としきれなかった皮脂や食べこぼしについた雑菌が原因だが、この背景として、風呂水の再利用やすすぎ1回洗濯、部屋干しなど洗濯環境の変化があると判断。洗濯物のニオイの悩みを解決する商品の開発に着手した。

 商品は、病院や介護施設リネン専門のクリーニング工場で使用されている、洗浄力と抗菌力に優れたハイテク洗剤を使用。1度ついたニオイにも効果を発揮するため、ニオイが気になる時に使用するだけでいいのが特徴。開発段階で行った顧客100人のモニタリングでは、ニオイや汚れの落ちだけではなく、溶け残り、柔軟剤との相性などで高評価を得たという。

 また、粉末洗剤の場合、収納性の悪さや計量の手間などが課題になるが、同商品では片手で洗剤の計量・投入ができる「ワンハンドボトル」を独自に開発(意匠登録出願中)。女性が片手で持ちやすい大きさに配慮し、洗濯カゴや子どもを抱いたままでも便利に使えるようにした。

 商品価格は本体ボトルが税込1995円、詰め替え用パウチが同1470円(容量各500グラム)になる。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/2386
Listed below are links to weblogs that reference
千趣会、洗濯物ニオイ解消する洗剤 from 通販新聞

Home > 商品政策 > 千趣会、洗濯物ニオイ解消する洗剤

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ