Home > 企業動向 > 【楽天「日本一セール」】 「不当な二重価格」で騒動、卸元がお詫びを公表

【楽天「日本一セール」】 「不当な二重価格」で騒動、卸元がお詫びを公表

 3-2.jpg楽天が11月3日から7日にかけて「楽天市場」で実施したセールにおいて、不当な二重価格表示を行った疑いのある店舗が含まれていたことが分かった。当該店舗ではシュークリームを「通常販売価格1万2000円、産地直送価格2600円」(=画像)として割引販売したが、卸元の通販サイトでは2600円で販売していた。匿名掲示板などで話題になったこともあり、卸元の企業が自社サイトでお詫び文を公表する事態に発展している。

 楽天では東北楽天ゴールデンイーグルスが日本シリーズで優勝したことを記念し、「楽天日本一セール」を実施。パ・リーグ優勝時と同じく、77%オフセールタイムセールや1001円セールなどの特別セールを行った。

 不当な二重価格を行っていた疑いのある店舗は、夕張名産センターが運営する「産直食卓」。「宇治抹茶しゅーくりーむセット(10個)」を「通常販売価格1万2000円、産地直送価格2600円」と表記し、「77%OFFセール」で販売した。ところが、商品の卸元である「茶游堂」の通販サイトでは、同じ10個セットが2625円で売られていた。景品表示法では過去の販売価格を併記する場合、セール開始時からさかのぼった8週間のうち、4週間での販売実績があることが目安とされている。1万2000円で一定期間販売していたとは考えにくいため、表示が有利誤認に該当する可能性は高い。

 4日に匿名掲示板などで産直食卓の販売手法が問題視されたことを受けて、茶游堂の林屋久太郎商店は同日、「楽天市場での弊社商品価格について」というお詫び文を公表。夕張名産センターに状況を問い合わせたことや、卸先に対して管理体制を強化することなどを明かした。

 林屋久太郎商店の林屋和成社長は本紙の問い合わせに対し、「事実関係はまだ分かっていないが、いち早く対応すべきと考えて公表した。(当該サイトの)運営者ではないが、商品を卸している関係上、お客様にご迷惑をかけた責任はある」とお詫び文を公表した理由を説明。今後の夕張名産センターへの対応については「まだ何も決まっていない。(同社は)事実関係を調べていると言っていたが、もっと早く、しっかりとした対処をしてほしかった」などと述べた。

 産直食卓の当該商品ページは、ネット上で話題になった直後に削除された。ただ、他の商品でも同様の価格表記をしていた。5日現在、同サイトは「店舗の改装中」となっており、騒動を把握した楽天がペナルティーを与えた可能性もあるが、楽天では「調査中のため、個別の店舗についてはコメントできない」(楽天市場事業PR推進グループ)とした。なお、夕張名産センターでは、本紙の問い合わせに対し「担当者が外出中でお答えできない」と回答した。

 なお、本紙では楽天に対しても不当表示の疑いに関する事実確認や、セール実施にあたっての不当表示対策などについて聞いたところ、「日頃から出店店舗には適切な販売活動をするようさまざまな手段で調査・働きかけを行っており、今回のセールに関しても例外ではない。もし問題が発覚した場合には、厳正な対処を断行している」(同)との返答があった。

※楽天市場の「不当な二重価格」問題に関する過去記事はこちらから

楽天の「楽天スーパーSALE」、「二重価格表示」横行か

【楽天市場の「二重価格」問題】 「チェック体制」機能せず

楽天市場の有力店舗・本紙商品価格調査 「不当な二重価格」一定数


編集部より:通販新聞では今後も楽天関連の特集記事を掲載する予定です。楽天市場に出店して良かった点、逆にECコンサル絡みなど楽天とのトラブルや楽天市場への不満、何か情報をお持ちの方は、メール(info@nethanbai.jp)でのご連絡をお願いします。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/2305
Listed below are links to weblogs that reference
【楽天「日本一セール」】 「不当な二重価格」で騒動、卸元がお詫びを公表 from 通販新聞

Home > 企業動向 > 【楽天「日本一セール」】 「不当な二重価格」で騒動、卸元がお詫びを公表

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ