Home > 媒体研究(ネット・モバイル) > オットージャパン 新ブランドを単独サイト化、ロケ写真等で着こなし提案

オットージャパン 新ブランドを単独サイト化、ロケ写真等で着こなし提案

 5-1.jpgオットージャパンは8月23日、今年2月に立ち上げた新ブランド「ファビア」の単独通販サイトをオープンした。新ブランドはネット販売に軸足を置くため、既存の通販サイト「オットー・オンラインショップ」から切り離し、ターゲット層である30~40代女性へのアプローチを強める。


 「ファビア」の単独サイトでは、商品の着用感がイメージしやすいよう、トップページの写真を充実させた。同社ではユーザビリティーテストなどを実施したところ、30~40代女性は文字情報よりも直感的に商品の着用シーンや雰囲気が分かる写真を見たいという声が多かったため、モデルが商品を着用し、街中でのロケ写真をメーンに着こなしの参考になるカットを採用。週替わりで更新するという。

 トップページの画像については、カーソルを合わせることで商品名と価格、マイリスト登録への追加ボタンが表示されるようにするなど、写真自体を大きく掲載できるように工夫した。

 また、春夏シーズンに続き、秋冬でも45秒のブランディングムービーを配信。モデルの里海さんが登場して3つのスタイリングを提案する。今回は、動画の着用アイテムを下部に一覧表示する機能を追加し、動画を見て気になった商品があれば、すぐに詳細を確認できるようにした。

 スマートフォンアプリ「ファビア インフォリーダー」では、バーチャル試着機能を追加した。消費者が自身の姿を撮影し、アプリ上で気になる服や小物を着せ替えられるようにした。オリジナルの背景やデコレーション素材も用意しており、バーチャル試着のほかにも、カタログなどで見つけたお気に入りのアイテムをアプリで読み取って、コラージュ風にコーディネートを楽しむこともできるという。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/2211
Listed below are links to weblogs that reference
オットージャパン 新ブランドを単独サイト化、ロケ写真等で着こなし提案 from 通販新聞

Home > 媒体研究(ネット・モバイル) > オットージャパン 新ブランドを単独サイト化、ロケ写真等で着こなし提案

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ