Home > 企業動向 > KDDI  おすすめ商品を定期販売、早期に会員10万人の獲得へ

KDDI  おすすめ商品を定期販売、早期に会員10万人の獲得へ

 3-1.jpgKDDIは8月22日、専門家が商品を選定するキュレーション型定期購入を開始した。提携企業が専門家となって、毎月商品を提案する仕組み。定額制で手軽に高品質な商品を購入できるほか、継続利用によって商品の知識を得られることで顧客満足度の向上を目指す。専門家によるおすすめで、継続率の向上につなげたい考え。携帯電話の会員組織「auスマートパス会員」の700万人に訴求し、早期に10万人の獲得を目指す。

 開始したサービスは「auおまかせショッピング」。ユーザーがコースを選ぶと、専門家がおすすめする商品を毎月、定額で購入できる仕組み。ネット販売で取り扱う商材が広がった一方で、ユーザーは何を選んでよいかわからない悩みがあると分析。専門家によるおすすめで、新規客の購入のハードルを下げるほか、定期購入の継続期間の長期化につなげる考え。

 サービス開始に伴い、マッシュビューティーラボと提携し、「コスメコース」(月額1980円、同3980円)を用意。また食文化と提携し、雑誌「dancyu」の編集長がおすすめする「ワインコース」(同2980円)と「グルメコース」(同1980円、同2980円)を提案した。収益はレベニューシェアで分配する。

 取り扱いジャンルはユーザーのニーズを見ながら増やす考え。今後はフラワーアレンジメントや日本酒、コーヒー、雑貨などを扱う企業と提携しコースの充実を図る。提携企業数の目標は定めていないが「同じジャンルで複数店舗があることは避けたい」(KDDI雨宮俊武執行役員)とする。

 ターゲットはauの会員組織「auスマートパス会員」700万人。「auスマートパス」のウェブサイトなどを通じて、ターゲットのし好や属性に合致したコースを表示し訴求ていく。将来的には商品のパーソナライズ化も視野に入れる。

 同サービスはauショッピングモールなどと並ぶ事業として位置付け、サービスの拡大を図る。「auおまかせショッピング」で購入した商品のリピート購入先として「auショッピングモール」へ誘導していく。

 提携したマッシュビューティラボは、認知度の向上が狙い。3~5品目をセットにしたお得感のある商品を提供。「キュレーション型を強みに、オーガニックコスメに対する先入観を払拭したい」(椋林裕貴社長)とした。

 また、食文化は、「auおまかせショッピング」を通じて、「既存顧客よりも若い30代の獲得する」(萩原章史社長)考え。定期購入客を居住エリアなどでセグメントして単品商品を訴求し、auショッピングモールの出店店舗に誘導していく。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/2209
Listed below are links to weblogs that reference
KDDI  おすすめ商品を定期販売、早期に会員10万人の獲得へ from 通販新聞

Home > 企業動向 > KDDI  おすすめ商品を定期販売、早期に会員10万人の獲得へ

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ