Home > 企業動向 > オイシックス、食品ブランドに出資へ、連携強化で付加価値向上へ

オイシックス、食品ブランドに出資へ、連携強化で付加価値向上へ

オイシックス(本社・東京都品川区、高島宏平社長)は8月13日、輸入食品の販売などを行うディーンアンドデルーカジャパン(本社・東京都渋谷区、横川正紀社長)との業務資本提携に合意したと発表した。ディーンアンドデルーカジャパンにおけるオイシックスの出資比率は3・85%で、金額は非公開。食品ブランドと連携を強化し、サービスの付加価値を高める狙い。

オイシックスは業務資本提携を通じて、相互チャンネルの活用や強みを生かした商品開発が可能と判断。食品宅配でディーンアンドデルーカジャパンが展開するブランド「DEAN&DELUCA」の商品の品ぞろえを拡充する。今年5月から他社食品ブランドを扱うコーナー「Oiチカ」で取り扱っており、今後はオイシックス専用商品や提案型商品の投入を予定する。

 また、店舗での協業を推進する。今秋以降に、ディーンアンドデルーカジャパンが展開する実店舗内にオイシックスの青果を扱うコーナーを設置する予定。

 このほか、商品の共同開発を計画。おせちなどの季節商品のほか、オイシックスの青果を使用したデリなどの開発を予定している。

 オイシックスは成長戦略の一環として、インターネットチャネルで高付加価値商品の取り扱いを強化し市場のポジショニングの強化を目指している。今回の資本業務提携はその一環となる。ディーンアンドデルーカジャパンを1社目とし、今後も他社ブラントとの協業や資本業務提携を推進したい考え。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/2201
Listed below are links to weblogs that reference
オイシックス、食品ブランドに出資へ、連携強化で付加価値向上へ from 通販新聞

Home > 企業動向 > オイシックス、食品ブランドに出資へ、連携強化で付加価値向上へ

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ