Home > 商品政策 > 千趣会 外反母趾対応のサンダルやブーツを発売

千趣会 外反母趾対応のサンダルやブーツを発売

081.jpgのサムネール画像 千趣会は8月1日から、「ベルメゾンマンスリークラブ」の8月の新商品として、外反母趾対策のサンダルとブーツ「リナッセ」を発売した。独自のフットベッドの採用により、外反母趾の悩みの軽減を図ったほか、理想的な歩行や足の安定、履き心地などを意識した機能を付加。同社の主要顧客である女性に多い悩みに対応した商品の展開で、ベルメゾンファンの拡大・深耕を図る。

 今回、発売した「リナッセ」シリーズ商品は、「アーチを支えるサンダル(アンクルストラップタイプ)」と「同(バックベルトタイプ)」、「アーチを支えるストレッチブーツ」の3モデル。

 外反母趾は足の指を開くことで痛みが軽減されるといわれている。今回の商品で採用したフットベッドは、中足骨の先端部を持ち上げるインソールの山があり、アーチを形成。これにより足の指が開くようにするとともに、縦・横両方向のアーチをしっかり支えることで、外反母趾の悩みを軽減する。このフットベッドは、兵庫県の靴技師・里勇次氏が研究・開発したもので、兵庫県技術向上奨励費補助事業として、医師や行政と連携しながら完成させたという。

 また、同商品では、着地、体重移動、けり出しがスムーズになる独自設計のソールの採用で理想的な歩き方をサポートするほか、グリップ力の高い合成ゴムとの2重構造にすることで安定感を向上。さらに足指のラインや指の厚みに合わせた斜め設計のオプリークトゥの採用により、締め付け感を軽減するなど、履きやすさにもこだわった。

 価格はサンダルタイプの2商品が税込7900円、ブーツタイプが同1万1800円で、S(22~22・5センチメートル)、M(23~23・5センチメートル)、L(24~24・5センチメートル)の3サイズを用意。8月1日から受注を開始しており、9月以降、順次商品を発送する。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/2188
Listed below are links to weblogs that reference
千趣会 外反母趾対応のサンダルやブーツを発売 from 通販新聞

Home > 商品政策 > 千趣会 外反母趾対応のサンダルやブーツを発売

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ