Home > 媒体研究(紙・電波) > ベルーナ、食品カタログを創刊、既存媒体を統合、単品の商材を強化

ベルーナ、食品カタログを創刊、既存媒体を統合、単品の商材を強化

4-1.jpgベルーナ(本社・埼玉県上尾市、安野清社長)は4月17日、食品通販カタログを創刊した。単品の食品通販カタログは初。同時に、通販サイト「ベルーナグルメショッピング」も刷新した。同社の食品通販は頒布会が中心だが、今後は単品の食品通販も強化することで、食品通販事業の底上げを図る。

カタログの名称は「笑顔の晴れごはん」。同社食品通販の顧客に配布する。A4ワイド版100ページで、約450の食品を掲載した。これまで同社では、食品のジャンルごとにチラシやカタログを発行していたが、これを統一。合計税込5250円以上の注文で送料を無料とした。今後は季節ごとに同カタログを発行する計画だ。カタログには「から揚げのレシピ」や「朝ごはんに使える食品」など、レシピやマナーなど食に関する情報も掲載。「読み物としても楽しめるカタログにした」(経営企画室)という。

 カタログ発行にあわせて、通販サイトも刷新。これまでは商品ジャンルごとに送料が異なっていたが、一部商品を除き、一律5250円以上の購入で送料を無料とした。また、「欲しいものリスト」の機能を追加している。サイトの刷新キャンペーンとして、合計1000人に抽選で温泉旅行、生活家電、ギフトカードが当たるキャンペーンを実施している。

 同社の食品通販は頒布会がメーンだが「新規顧客にとって年間購入コースはハードルが高い」(同)ことから、今後はネットを中心に、買いやすい単品の食品通販も強化する考え。


Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/2064
Listed below are links to weblogs that reference
ベルーナ、食品カタログを創刊、既存媒体を統合、単品の商材を強化 from 通販新聞

Home > 媒体研究(紙・電波) > ベルーナ、食品カタログを創刊、既存媒体を統合、単品の商材を強化

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ