Home > 商品政策 > 新日本製薬 日テレ7とコラボで新発想の青汁発売

新日本製薬 日テレ7とコラボで新発想の青汁発売

111.jpg 新日本製薬は3月20日から、朝食としての利用を想定した青汁「朝イチスッキリ!青汁サラダ」を発売した。料理研究家の浜内千波氏および日テレ7の生活情報バラエティ番組「女神のマルシェ」とのコラボレーションによるもので、食物繊維の自然なとろみで腹持ちを良くするなど、1食分を代替できるようにしたのが特徴。「女神のマルシェ」でも同商品を取り上げ、新提案の青汁の認知度向上を図る。

 今回、発売した「朝イチスッキリ!青汁サラダ」は、新日本製薬が新しい青汁の企画を検討する中、日テレ7と出会い商品化が実現したもの。一緒にコラボした料理研究家の浜内氏は、一般社団法人青汁マイスター協会アンバサーも務め、食後の血糖値上昇を抑えるため野菜から先に食べる"ベジ・ファースト"を提唱。自身も野菜中心の生活で38キログラム減量した経験を持つ。

 同商品は、お湯などに溶かして使用する粉末のスティックタイプ商品で、沖縄県与那国町の希少食材で、食物繊維やカルシウム、βカロテンなどの栄養素を含む野菜とされる「長命草」など11種類の国産素材や穀物由来の酵素、阿波晩茶由来の植物性乳酸菌などを配合。

 水分を吸収して膨張する豆由来の食物繊維「グァーガム」の配合により、満腹感を得られるようにするなど、多忙な女性の朝食シーンをイメージし、時間がなくてもバランスよく栄養を採れるようにすることを意識した。

 商品は、3・2グラム×30包入りで税込3490円。3月20日から自社ネット販売で扱っており、4月1日からはフリーダイヤルでの注文受け付けも開始。このほかに、全国のイトーヨーカ堂約120店でも販売する。

 また、同商品については3月29日(金)放送(関東ローカル午後3時50分~4時20分※札幌テレビ放送は4月3日(水)午前10時25~55分放送)の「女神のマルシェ」の中でも紹介。約10分をかけ、浜内千波氏が、サラダ感覚で朝に野菜を簡単に取れるような青汁としてプロデュースし、新日本製薬とともに開発したことなどを説明するという。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://www.tsuhanshinbun.com/mtos-admin/mt-tb.cgi/2030
Listed below are links to weblogs that reference
新日本製薬 日テレ7とコラボで新発想の青汁発売 from 通販新聞

Home > 商品政策 > 新日本製薬 日テレ7とコラボで新発想の青汁発売

Amazon出品サービス
Search
Feeds

△ ページtopへ